subyte(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

subyte

前のページ 上に戻る 次のページ

subyte


     #include <sys/time.h>
     #include <sys/systm.h>
     #include <sys/resourcevar.h>

     int
     subyte(void *base, int byte);

     int
     susword(void *base, int word);

     int
     suswintr(void *base, int word);

     int
     suword(void *base, int word);


解説

     store 関数群はユーザー空間へ小さなデータをコピーするようにデザインされて
     います。

     store ルーチンは以下の機能を提供します。

     subyte()    1 バイトのデータをユーザー空間のアドレス base へ格納します。

     susword()   1 ショートワードのデータをユーザー空間のアドレス base へ格納
                 します。

     suswintr()  1 ショートワードのデータをユーザー空間のアドレス base へ格納
                 します。この関数は割り込みコンテキスト中でも安全に呼び出せま
                 す。

     suword()    1 ワードのデータをユーザー空間のアドレス base へ格納します。


戻り値

     store 関数は 0 を返しますが、失敗した場合は -1 を返します。


関連項目

     copy(9), fetch(9)

FreeBSD 4.4                     January 7, 1996                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス