panic(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

panic

前のページ 上に戻る 次のページ

panic



     void
     panic(const char *fmt, ...);


解説

     panic() 関数は動作中のシステムを終了させます。 fmt メッセージは printf(3)
     スタイルのフォーマット文字列です。このメッセージはコンソールに出力され、
     後でオペレーティングシステムのコアダンプから取り出すために panicstr がこ
     のメッセージのアドレスに設定されます。

     もしカーネルデバッガが搭載されていれば、デバッガに制御を渡します。さもな
     ければ、オペレーティングシステムのコアダンプを設定されているダンプデバイ
     スに保存するように試みます。

     もし panic() が 2 度呼ばれた場合(たとえばディスク同期ルーチンから)には、
     ディスクの同期無しでシステムはリブートされます。


戻り値

     panic() 関数は戻りません。

FreeBSD 4.4                     August 11, 1995                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス