make_dev(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

make_dev

前のページ 上に戻る 次のページ

make_dev


     #include <sys/conf.h>

     dev_t
     make_dev(struct cdevsw *cdevsw, int minor, uid_t uid, gid_t gid,
             int perms, char *fmt, ...);

     void
     destroy_dev(dev_t dev);


解説

     make_dev() 関数は新しいデバイスのための dev_t 構造体を作成します。そのデ
     バイスは uid によって所有され、 gid のグループに所有され、 name で指定さ
     れる名前を持ちます。 perms に指定するファイルのパーミッションは
     <sys/stat.h> で定義されています。

           #define S_IRWXU 0000700    /* 所有者の RWX マスク
           #define S_IRUSR 0000400    /* 所有者の R */
           #define S_IWUSR 0000200    /* 所有者の W */
           #define S_IXUSR 0000100    /* 所有者の X */

           #define S_IRWXG 0000070    /* グループの RWX マスク */
           #define S_IRGRP 0000040    /* グループの R */
           #define S_IWGRP 0000020    /* グループの W */
           #define S_IXGRP 0000010    /* グループの X */

           #define S_IRWXO 0000007    /* その他の RWX マスク */
           #define S_IROTH 0000004    /* その他の R */
           #define S_IWOTH 0000002    /* その他の W */
           #define S_IXOTH 0000001    /* その他の X */

           #define S_ISUID 0004000    /* 実行時にユーザ ID を設定 */
           #define S_ISGID 0002000    /* 実行時にグループ ID を設定 */
           #define S_ISVTX 0001000    /* スティッキービット */
           #ifndef _POSIX_SOURCE
           #define S_ISTXT 0001000
           #endif

     destroy_dev() 関数は、 make_dev() から返された dev_t をとり、そのデバイス
     の登録を削除します。


歴史

     make_dev() および destroy_dev() 関数は FreeBSD 4.0 で初めて登場しました。

FreeBSD 4.4                   September 25, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス