device_unbusy(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

device_unbusy

前のページ 上に戻る 次のページ

device_unbusy


     #include <sys/param.h>
     #include <sys/bus.h>

     device_state_t
     device_get_state(device_t dev);

     void
     device_busy(device_t dev);

     void
     device_unbusy(device_t dev);

     int
     device_is_alive(device_t dev);


解説

     デバイスの現在の状態は、 DS_NOTPRESENT, DS_ALIVE, DS_ATTACHED, DS_BUSY (
     device(9) で説明されています) を返す device_get_state(9) の呼び出しによっ
     てアクセスされます。デバイスがうまくプローブされたことを確認するには、単
     純に状態が DS_ALIVE 以上であるかどうかを返す device_is_alive(9) を呼び出
     します。

     個々のデバイスは、 device_busy(9) が呼び出された時にインクリメントされ、
     device_unbusy(9) が呼び出された時にデクリメントされるビジーカウントを持っ
     ています。どちらのルーチンもデバイスの状態が DS_ATTACHED より小さい場合に
     はエラーを返します。

     デバイスが DS_ATTACHED 状態で device_busy(9) が呼び出された時には、デバイ
     スは DS_BUSY 状態に遷移します。 device_unbusy(9) が呼び出されでデクリメン
     トされた後にデバイスのビジーカウントが 0 ならば、デバイスは DS_ATTACHED
     状態に遷移します。


関連項目

     device(9)


作者

     このマニュアルページは Doug Rabson が書きました。

FreeBSD 4.4                      June 16, 1998                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス