device_quiet(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

device_quiet

前のページ 上に戻る 次のページ

device_quiet


     #include <sys/param.h>
     #include <sys/bus.h>

     void
     device_quiet(device_t dev);

     void
     device_verbose(device_t dev);

     int
     device_is_quiet(device_t dev);


解説

     個々のデバイスは結びつけられた沈黙フラグを持っています。デバイスは生成時
     のデフォルトでは冗長ですが、プローブ中にデバイス識別文字列の出力を妨げる
     ために、沈黙させられます。デバイスを沈黙させるには device_quiet(9) を呼び
     出し、プローブメッセージを再度有効 (例えば device_detach(9) の後に、メッ
     セージが再び現れるようにします) にするには device_verbose(9) を呼び出しま
     す。デバイスが沈黙状態かどうかを確認するためには device_is_quiet(9) を呼
     び出します。


関連項目

     device(9)


作者

     このマニュアルページは Doug Rabson が書きました。

FreeBSD 4.4                      June 21, 1999                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス