device(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

device

前のページ 上に戻る 次のページ

device




解説

     デバイスオブジェクトは拡張カード、カードが挿されるバス、拡張カードに接続
     されるディスクドライブなどのシステムにアタッチされたハードウェアの一部を
     表現します。システムは 1 つのデバイス root_bus を定義し、他の全てのデバイ
     スは自動コンフィギュレーションの間に動的に生成されます。通常、システム
     (ISA, PCI など) の中のトップレベルのバスを表現するデバイスは、 root_bus
     に直接アタッチされ、他のデバイスはそれらの適切なバスの子として追加されま
     す。

     システムの中のデバイスは木構造を形成します。 root_bus を除く全てのデバイ
     スは親 ( device_get_parent(9) を参照) を持っています。加えて、全てのデバ
     イスはそれにアタッチされる子 ( device_add_child(9),
     device_add_child_ordered(9), device_find_child(9),
     device_get_children(9), device_delete_child(9) を参照) を持つことが可能で
     す。

     プローブに成功してシステムにアタッチされているデバイスはドライバ (
     device_get_driver(9)driver(9) を参照) およびデバイスクラス (
     device_get_devclass(9)devclass(9) を参照) も持ちます。デバイスの様々
     な他の属性は、ユニット番号 ( device_get_unit(9) を参照)、 (通常ドライバに
     よって供給される) 冗長な記述 ( device_set_desc(9)device_get_desc(9)
     を参照)、バス固有の変数の組 ( device_get_ivars(9) を参照)、および driver
     固有の変数の組 ( device_get_softc(9) を参照) を含みます。

     デバイスは以下の幾つかの状態の内の 1 つをとることが可能です。

     DS_NOTPRESENT  デバイスは存在確認のプローブがされていないか、失敗しまし
                    た。

     DS_ALIVE       デバイスのプローブには成功しましたが、まだアタッチされてい
                    ません。

     DS_ATTACHED    デバイスのアタッチが成功しました。

     DS_BUSY        デバイスは現在オープンされています。

     デバイスの現在の状態は、 device_get_state(9) の呼び出しにより決定すること
     が可能です。


関連項目

     devclass(9), driver(9)


作者

     このマニュアルページは Doug Rabson が書きました。

FreeBSD 4.4                      June 16, 1998                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス