cd(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cd

前のページ 上に戻る 次のページ

cd


     のコマンドをサポートしている WORM ドライブ (SCSI type 4) のための読み込み
     専用インタフェースを提供します。幾つかのドライブは、ドライバが期待したよ
     うには振舞いません。使用可能なフラグの情報は、癖の章を参照してください。


     それぞれの CD-ROM デバイスは、 SCSI 仕様を異なったように解釈し得ます。こ
     れにより、ドライバ中でドライブを特別扱いする必要性が発生します。下記はド
     ライバが認識する癖のリストです。癖のエントリの増やし方についてのより多く
     の情報は、 scsiconf(9) を参照してください。

     CD_Q_NO_TOUCH    このフラグは、ディスクがドライブの中にあるかとサイズを調
                      査するために、アタッチ時にプローブしないようドライバに通
                      知します。現在このフラグは、CAM の cd ドライバでは実装さ
                      れていません。

     CD_Q_BCD_TRACKS  このフラグは、正しい 10 進数ではなくパックされた BCD で
                      トラック番号を返す、壊れたドライブ用です。ドライブがト
                      ラックを飛ばしている (トラック 10-15 が飛ばされる) よう
                      な場合には、あなたはこのフラグが必要なドライブを所有して
                      います。

     CD_Q_NO_CHANGER  このフラグは、当該ドライブがチェンジャではないことを、ド
                      ライバに通知します。これはチェンジャの一部ではないが複数
                      の LUN を持つ CD-ROM デバイスにだけ必要です。

     CD_Q_CHANGER     このフラグは、与えられたデバイスが複数の LUN を持つチェ
                      ンジャであることを、ドライバに通知します。一般的に
                      は、LUN が 0 よりも大きい時には、ドライバはこれを自動的
                      に理解します。このフラグを設定する唯一の効果は、チェン
                      ジャのスケジューリングコードを通して、チェンジャの LUN 0
                      に対して初期の容量読み取りコマンドを実行することを、ドラ
                      イバに通知することです。


ファイル

     /sys/cam/scsi/scsi_cd.c  ドライバのソースファイルです。


関連項目

     cd(4), scsi(4)


歴史

     cd のマニュアルページは FreeBSD 2.2 で初めて登場しました。


作者

     このマニュアルページは John-Mark Gurney <gurney_j@efn.org> が書きました。
     CAM と FreeBSD 3.0 のために Kenneth Merry <ken@FreeBSD.org> が更新しまし
     た。

FreeBSD 4.4                    October 10, 1998                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス