boot(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

boot

前のページ 上に戻る 次のページ

boot


     #include <sys/systm.h>
     #include <sys/reboot.h>

     void
     boot(int howto);


解説

     boot() 関数は、システムの最終的なシステムシャットダウンと、停止または再起
     動を取り扱います。行なわれる正確な動作は、 howto で渡されるフラグと、シス
     テムが自動コンフィギュレーションを既に終えているかどうか、によって決定さ
     れます。

     システムが自動コンフィギュレーションを既に終えている場合には、 boot() は
     次の動作をします。

           1.   これが最初の boot() の実施の場合で、 howto に RB_NOSYNC フラグ
                がセットされていなければ、 vfs_unmountall(9) を呼び出すことに
                より、ディスクの同期とアンマウントを行ないます。

           2.   割り込みを無効にします。

           3.   クラッシュの後の再起動の場合 (例えば、 howto に RB_DUMP がセッ
                トされているが RB_HALT がセットされていない) は、システムク
                ラッシュダンプを保存します。

           4.   at_shutdown(9) によって以前に設定されたあらゆるシャットダウン
                フックを実行します。

           5.   システムが停止させられているのか、再起動させられているのかを示
                すメッセージを表示します。

           6.   howto に RB_HALT がセットされている場合には、システムを停止し
                ます。そうでなければ、システムを再起動します。

     システムが自動コンフィギュレーションをまだ終えていない場合には、 boot()
     は at_shutdown(9) によって以前に設定されたあらゆるシャットダウンフックを
     実行し、メッセージを表示し、システムを停止します。


関連項目

     at_shutdown(9), vfs_unmountall(9)

FreeBSD 4.4                    February 14, 1997                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス