VOP_LEASE(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

VOP_LEASE

前のページ 上に戻る 次のページ

VOP_LEASE


     #include <sys/param.h>
     #include <sys/mount.h>

     int
     VOP_LEASE(struct vnode *vp, struct proc *p, struct ucred *cred,
             int type);


解説

     このエントリポイントは、現在実装されていません。この着想は、ユーザ証明と
     操作の型の特有の組のための vnode を確認するためのものだと信じています。サ
     ポートされている、2 つの操作の型は LEASE_READ および LEASE_WRITE です。現
     在、関数は常に 0 を返します。


ロック

     入る時、vnode は排他的にロックされていなければならず、戻り時まで排他的に
     ロックされ続けているべきです。


戻り値

     成功時には、0 が返されます。そうでない場合にも、うーん... 0 が返されま
     す。


関連項目

     VOP_READ(9), VOP_WRITE(9)


作者

     このマニュアルページは Matt Dillon が書きました。

FreeBSD 4.4                   September 24, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス