VOP_IOCTL(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

VOP_IOCTL

前のページ 上に戻る 次のページ

VOP_IOCTL


     #include <sys/vnode.h>

     int
     VOP_IOCTL(struct vnode *vp, u_long command, caddr_t data, int fflag,
             struct ucred *cred, struct proc *p);


解説

     デバイス依存の方法でのファイルを操作します。

     引数は以下の通りです。

     vp       ファイル (通常はデバイスを表現する) の vnode。

     command  実行すべきデバイス固有の操作。

     cnp      指定された操作のための拡張データ。

     fflag    幾つかのフラグ ???

     cred     呼び出し側の証明。

     p        呼び出したプロセス。

     ほとんどのファイルシステムはこのエントリポイントを実装しません。


ロック

     入る時、ファイルはロックされているべきではありません。


戻り値

     成功時には 0 が返され、そうでない場合には適切なエラーが返されます。


疑似コード

     int
     vop_ioctl(struct vnode *vp, int command, caddr_t data, int fflag,
               struct ucred *cred, struct proc *p)
     {
         return EOPNOTSUPP;
     }


関連項目

     vnode(9)


作者

     このマニュアルページは Doug Rabson が書きました。

FreeBSD 4.4                      July 24, 1996                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス