VFS_MOUNT(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

VFS_MOUNT

前のページ 上に戻る 次のページ

VFS_MOUNT


     #include <sys/mount.h>
     #include <sys/vnode.h>

     int
     VFS_MOUNT(struct mount *mp, char *path, caddr_t data,
             struct nameidata *ndp, struct proc *p);


解説

     システムの名前空間にファイルシステムをマウントします。

     引数は以下の通りです。

     mp    ファイルシステムを表現する構造体。

     path  そのファイルシステムがマウントされるパス名。

     data  ファイルシステム固有データ。これはカーネルに copyin(9) を使用して読
           み込まれるべきです。

     ndp   マウントポイントのパス名での namei(9) の呼び出しの結果。

     p     ファイルシステムをマウントしようとしているプロセス。

     これは、新しいファイルシステムをマウントする目的と、既存のファイルシステ
     ムの属性変更の目的の、両方の用途で呼び出されます。 mp->mnt_flag に
     MNT_UPDATE フラグが設定されている場合には、ファイルシステムは
     mp->mnt_flag の値により内部状態を更新するべきです。例えば、読み取り専用
     ファイルシステムから読み書き可能への変換に使用されることが可能です。ま
     た、 mountd(8) によってファイルシステムの NFS エクスポート情報の更新にも
     使用されています。

     MNT_UPDATE フラグが設定されていない場合には、これは新規にマウントされた
     ファイルシステムです。ファイルシステムのコードは、ファイルシステムの表現
     に必要な私的データの割り当てと初期化を行なうべきです (この情報を格納する
     ために mp->mnt_data フィールドを使用可能です)。


関連項目

     VFS(9), vnode(9)


作者

     このマニュアルページは Doug Rabson が書きました。

FreeBSD 4.4                      July 24, 1996                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス