VFS_FHTOVP(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

VFS_FHTOVP

前のページ 上に戻る 次のページ

VFS_FHTOVP


     #include <sys/mount.h>
     #include <sys/vnode.h>

     int
     VFS_FHTOVP(struct mount *mp, struct fid *fhp, struct vnode **vpp);


解説

     これは NFS ファイルハンドルから vnode へ変換するために NFS サーバによって
     使用されます。

     引数は以下の通りです。

     mp   ファイルシステム。

     fhp  変換されるファイルハンドル。

     vpp  新しい、ロックされた vnode の戻り値。

     ファイルハンドルの内容は、ファイルシステムによって定義されていて、システ
     ムの他の部分によって検査されません。ファイルが削除された時や新しいファイ
     ルのためにファイルシステムの資源が再利用された時の通知と同じ程度に、ファ
     イルシステムの中のファイルを独自に識別するための十分な情報を含んでいるべ
     きです。例えば、UFS ファイルシステムは、ファイルハンドルの中に inode 番号
     および inode 世代カウンタを格納します。

     一般的にはこの関数への呼び出し前は、そのファイルがクライアントにとってア
     クセス可能であるかどうかを検査するために VFS_CHECKEXP(9) 呼び出しが行われ
     ます。


戻り値

     そのファイルのロックされた vnode が *vpp に返されます。


関連項目

     VFS(9), VFS_CHECKEXP(9), VFS_VPTOFH(9), vnode(9)


作者

     このマニュアルページは Doug Rabson が書きました。

FreeBSD 4.4                      July 24, 1996                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス