VFS_CHECKEXP(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

VFS_CHECKEXP

前のページ 上に戻る 次のページ

VFS_CHECKEXP


     #include <sys/param.h>
     #include <sys/mount.h>

     int
     VFS_CHECKEXP(struct mount *mp, struct mbuf *nam, int *exflagsp,
             struct ucred **credanonp);


解説

     これは、クライアントにマウントポイントがエクスポートされているかどうかを
     チェックするために、NFS サーバが使用します。

     引数は以下の通りです。

     mp         チェック対象のマウントポイント。

     nam        クライアントのネットワークアドレスを含む mbuf。

     exflagsp   このクライアントに対する、エクスポートフラグの戻り値。

     credanonp  このクライアントに対する、匿名の証明の戻り値。

     ファイルシステムのマウント構造に対して呼び出して、 nam にアドレスが含まれ
     るクライアントに対してそのファイルシステムがエクスポートされているかどう
     かを決定できます。

     一般的には、クライアントがファイルシステムにアクセス可能かを確認するため
     に、 VFS_FHTOVP(9) の前に呼び出されます。

     ファイルシステムは、クライアントがファイルシステムをアクセスできるかを実
     証するために、 netexport 構造体の適切なアドレス、クライアントのアドレス、
     および nam を伴って、 vfs_export_lookup(9) を呼び出すべきです。


戻り値

     そのクライアントに対するエクスポートフラグと ( vfs_export_lookup(9) から
     返される) 匿名の証明が *exflagsp*credanonp に返されるでしょう。


関連項目

     VFS(9), VFS_FHTOVP(9), VFS_VPTOFH(9), vnode(9)


作者

     このマニュアルページは Alfred Perlstein が書きました。

FreeBSD 4.4                   September 10, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス