SPLASSERT(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

SPLASSERT

前のページ 上に戻る 次のページ

SPLASSERT


     options INVARIANT_SUPPORT
     SPLASSERT(char *level, char *msg);


解説

     "options INVARIANTS" および "options INVARIANT_SUPPORT" の両方のオプショ
     ン付きでコンパイルされたカーネル内では、 SPLASSERT() マクロはカーネルの現
     在の spl レベルと SPLASSERT() マクロの中で指定された spl レベル level と
     を比較します。指定された level がアクティブでない場合には、 SPLASSERT()
     は msg を引数として KASSERT() マクロを呼び出し、稼働中のシステムを停止さ
     せます。

     "options INVARIANTS" および "options INVARIANT_SUPPORT" の両方のオプショ
     ンが無いカーネル内では、 SPLASSERT() マクロは何もしない様に定義されます。


使用例

     カーネル関数 rtalloc() は splnet() 時に呼び出されなければなりません。

           void
           rtalloc(ro)
                   register struct route *ro;
           {
                   SPLASSERT(net, "rtalloc()");
                   rtalloc_ign(ro, 0UL);
           }


関連項目

     config(8), KASSERT(9), panic(9)


作者

     このマニュアルページは Jonathan M. Bresler <jmb@FreeBSD.org> が書きまし
     た。

FreeBSD 4.4                    January 14, 2000                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス