KASSERT(9) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

KASSERT

前のページ 上に戻る 次のページ

KASSERT


     KASSERT(expression, const char *msg);


解説

     "options INVARIANTS" オプション付きでコンパイルされたカーネル内では、
     KASSERT() マクロは与えられた数式 expression をテストし、それが偽である場
     合には panic() システムコールを呼び出し、稼働中のシステムを停止させます。

     "options INVARIANTS" オプションの無いカーネル内では、 KASSERT() マクロは
     何もしない様に定義されます。


使用例

     カーネル関数 vput() は、NULL ポインタを引数として呼び出されてはなりませ
     ん。

           void
           vput(vp)
                   struct vnode *vp;
           {
                   struct proc *p = curproc;
                   KASSERT(vp != NULL, ("vput: null vp"));
                   ...
           }


関連項目

     config(8), panic(9)


作者

     このマニュアルページは Jonathan M. Bresler <jmb@FreeBSD.org> が書きまし
     た。

FreeBSD 4.4                    January 14, 2000                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス