zic(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

zic

前のページ 上に戻る 次のページ

zic


         [-l localtime] [-m mode] [-p posixrules] [-u user] [-y command]
         [filename ...]


解説

     zic はコマンド行で指定されたファイルを読み取り、その内容に従って時刻変換
     情報のファイルを作成します。 filename- だった場合、標準入力から読み込
     みます。

     以下のオプションがあります:

     -D      自動的にはディレクトリを作成しません。入力ファイルが出力先のファ
             イルとして、まだ存在していないディレクトリを指定していた場合に
             は、デフォルトの動作ではディレクトリの作成を試みます。 -D が指定
             された場合には、 zic はそうせずに即座にエラーとします。

     -d directory
             下記の標準ディレクトリではなく、指定されたディレクトリに時刻変換
             情報ファイルを作成します。

     -g group
             それぞれの出力ファイルを作成した後に、ファイルのグループオーナを
             指定された group (名前でも数字のグループ ID でも構いません) に変
             更します。

     -L leapsecondfilename
             指定された名前のファイルからうるう秒の情報を読み込みます。このオ
             プションが指定されなかった場合、出力ファイルにはうるう秒の情報は
             記録されません。

     -l timezone
             指定された タイムゾーンをローカルの時刻に使用します。 zic は、以
             下のリンク行が入力ファイルにあった場合と同様に働きます。


                   Link    timezone                localtime
             ( FreeBSD ではローカルタイムゾーンは
             /usr/share/zoneinfo/localtime でなく /etc/localtime で指定される
             ので、このアクションは何の効果も持たないことに注意してください)。

     -m mode
             それぞれの出力ファイルを作成した後、ファイルのアクセス権を mode
             に変更します。モードは数字とアルファベットのどちらでも構いません
             ( chmod(1) 参照)。

     -p timezone
             POSIX 形式のタイムゾーンの環境変数を扱う場合に、指定されたタイム
             ゾーンのルールを使用します。 zic は、以下のリンク行が入力ファイル
             にあった場合と同様に働きます。

                   Link    timezone                posixrules

     -u user
     入力の各行はフィールドから構成されます。各フィールドは任意の数の空白文字
     により分離されます。先行する空白や、行末の空白は無視されます。引用符で囲
     まれていない井桁文字 (#) からその行の末尾まではコメントとして扱われます。
     空白文字や井桁文字をフィールドの一部として使用する場合は、二重引用符 (")
     で囲みます。 (コメントを取り除いた後の)空白行は無視されます。空白ではない
     行は、ルール行、ゾーン行、リンク行の 3 種類のいずれかであるとみなされま
     す。

     ルール行は、
           Rule NAME FROM TO   TYPE IN   ON        AT   SAVE LETTER/S
     と言う形式です。例えば、
           Rule US   1967 1973 -    Apr  lastSun   2:00 1:00 D

     となります。ルール行を構成するフィールドは以下の通りです:

           NAME      このルールが属するルールの(任意の)名前を指定します。

           FROM      ルールが適用される最初の年を指定します。如何なる整数の年
                     も指定できます。グレゴリオ歴を仮定しています。単語
                     minimum (あるいはその短縮形)は、整数で表せる最小の年を示
                     します。単語 maximum (あるいはその短縮形)は、整数で表せる
                     最大の年を示します。ルールは、時刻の値として表す事ができ
                     ない時刻を定義します。表す事ができない時刻は無視されま
                     す。これにより、時刻の値のタイプが異なるホスト間でルール
                     を共用する事ができます。

           TO        ルールが適用される最後の年を指定します。 minimummaximum (上記)に加え、単語 only (あるいはその短縮形) を、
                     FROM フィールドの値を指すものとして使用することができま
                     す。

           TYPE      ルールが適用される年のタイプを指定します。 TYPE- だっ
                     た場合、ルールは、 FROM から TO までのその年を含む全ての
                     年に適用されます。 TYPE がそれ以外だった場合、 zic は、コ
                     マンド yearistype year type を実行して、年のタイプを
                     チェックします。実行したコマンドの終了ステータスが 0 だっ
                     た場合は、その年が指定されたタイプであり、終了ステータス
                     が 1 だった場合は、その年が指定されたタイプではないと判断
                     します。

           IN        ルールが適用される月の名前を指定します。月名は短縮形でも
                     構いません。

           ON        ルールが適用される日を指定します。指定できる形式は以下の
                     通りです:

                           5        その月の 5 日
                           lastSun  その月の最後の日曜日
                           lastMon  その月の最後の月曜日
                           Sun>=8   8 日以降の最初の日曜日
                           Sun<=25  25 日以前の最後の日曜日

                     の適用される地域で、ローカルの標準時に、夏時間の期間であ
                     ればその修正を加えた時刻) であり、 `s' をつけると、指定し
                     た時刻がローカルの ``標準時'' であり、 `u' (あるいは `g'
                     ないし `z') をつけると、指定した時刻が世界標準時であるこ
                     とを示します。これらの文字を指定していない場合は、ウォー
                     ルクロックが適用されます。

           SAVE      ルールが有効な場合にローカルの標準時に加えられる量を指定
                     します。このフィールドの形式は AT フィールドと同じです (
                     この場合は、末尾に `w' と `s' を指定する事はできません)。

           LETTER/S  ルールが有効な場合にタイムゾーンの短縮形に用いられる ``変
                     化部分'' (例えば、 ``EST'' や ``EDT'' の ``S'' や ``D'' )
                     を指定します。このフィールドが - だった場合、変化部分はヌ
                     ル (NULL) になります。

     ゾーン行は、
           Zone NAME GMTOFF    RULES/SAVE     FORMAT    [UNTIL]
     と言う形式です。例えば、
           Zone Australia/Adelaide  9:30 Aus  CST  1971 Oct 31 2:00
     となります。ゾーン行を構成するフィールドは以下の通りです:

     NAME    タイムゾーンの名称です。そのゾーンに対する時刻変換情報ファイルを
             作成する時の名前になります。

     GMTOFF  そのゾーンの標準時を得る時に UTC に加算される量です。このフィール
             ドの形式は、ルール行の AT および SAVE フィールドと同じです。 UTC
             から時刻を引く場合は、フィールドの最初にマイナスをつけます。

     RULES/SAVE
             そのタイムゾーンに適用されるルールの名前、あるいは、ローカルの標
             準時に加算される量を指定します。このフィールドが - だった場合、そ
             のタイムゾーンには常に標準時が適用されます。

     FORMAT  そのタイムゾーンで使用されるタイムゾーンの短縮形の形式を指定しま
             す。文字列 %s は、タイムゾーンの短縮形で用いられる ``変化部分''
             を示します。一方、スラッシュ (/) で標準時の短縮形と夏時間の短縮形
             を指定する事もできます。

     UNTIL   その場所で UTC との差あるいはルールが変化する時刻を指定します。
             年、月、日、時刻を用いて指定できます。このフィールドが指定された
             場合、その時刻になるまでは与えられた UTC との差およびルールからタ
             イムゾーンの情報が生成されます。月、日、時刻はルールの IN, ON, AT
             カラムと同じ形式です。続くカラムは省略可能で、足りないカラムは最
             も早い可能な値がデフォルトとなります。

             この次の行は ``継続'' 行でなくてはなりません。この行は最初の
             ``Zone'' と NAME フィールドがない点を除いてはゾーン行と同一の形式
             で、その前の行の UNTIL フィールドで指定した時刻以降の情報を指定し
             ます。この継続行にも UNTIL フィールドを指定する事ができ、その場合
             は、次の行にその時刻以降の情報を指定します。

     となります。 YEAR, MONTH, DAY, HH:MM:SS フィールドは、うるう秒が起きる時
     刻を指定します。 CORR フィールドは、秒が加えられる場合は ``+'' で、秒がス
     キップされる場合は ``-'' となります。 R/S フィールドは他のフィールドで与
     えられるうるう秒の時刻が UTC である場合は、 ``Stationary'' (またはその短
     縮形)で、他のフィールドで与えられるうるう秒の時刻がローカルのウォールク
     ロックである場合は、 ``Rolling'' (またはその短縮形)となります。


     ローカル時刻が複数のタイプとなる地域では、作成されたファイルの最初の変化
     時刻を正しく設定するためには、最初の変化時刻のルールの AT フィールドでロ
     ーカルの標準時を使用する必要があります。


関連ファイル

     /usr/share/zoneinfo  作成されたファイルが置かれる標準ディレクトリ


関連項目

     ctime(3), tzfile(5), zdump(8)

FreeBSD 4.4                    October 29, 1997                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス