ypxfr(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ypxfr

前のページ 上に戻る 次のページ

ypxfr


                        [-s source domain] [-p path]
                        [-C taskid program-number ipaddr port] mapname


解説

     ypxfr は NIS データベース(または マップ) を NIS サービスを使用し、ある
     NIS サーバから別のサーバにコピーします。 FreeBSD では一般に、 ypxfryppush(8) からマップ転送要求を受け取った ypserv(8) から起動されます。基本
     的に、 ypxfr を使用するのは、単一ドメイン内で複数の NIS サーバが使用され
     る環境です。一台のサーバ( NIS マスタ)は全ての NIS マップの基準となるコピ
     ーを管理します。その他のサーバ( NIS スレーブ)は、マップに更新があったとき
     (例えば、ユーザが yppasswd(1) を用いてパスワードを更新したとき)に、新しい
     バージョンのマップをマスタからコピーします。

     実行時、 ypxfr は一時データベースファイルを /var/yp/[domainmame] に作成
     し、指定された source host により提供される mapname の内容で埋めます。
     マップ全体の転送が完了すると、 ypxfrmapname の古いコピーを消去し、代
     わりに一時ファイルを置きます。転送完了時に、 ypxfr は `現在のマップのクリ
     ア' 要求を、ローカルの ypserv(8) プロセス宛に送信し、古いマップを参照して
     いる場合にはクリアさせようとします。

     ypxfr が作成した全てのファイルが所有者のみ読み書き可能なのは、セキュリ
     ティのためである事に注意して下さい。 NIS マップとそれを格納するディレクト
     リは通常 root が所有しますので、非特権ユーザによる権限の無い変更を防ぎま
     す。

     全ての NIS サーバ間で一貫性を保持するために ypxfrcron(8) ジョブとして
     定期的に実行する事が出来ます。ほとんど変更されないマップは 1 日 1 度 (シ
     ステム使用率が一番低い深夜が望ましいでしょう)更新すれば良いですが、頻繁に
     変更されるマップ(例えば passwd.bynamepasswd.byuid) はおそらく 1 時間
     に 1 度更新すべきでしょう。 cron(8) を使用し NIS マップを自動的に更新する
     事は厳密には必須ではありません。なぜなら、全ての更新は NIS マスタサーバ上
     で /var/yp/Makefile が実行された時に yppush(8) にて伝搬されているはずだか
     らです。ただし、通信不能となって NIS サーバ間で同期が取れなくなる事がある
     ような大きなネットワークでは、良い実現方式です。

     ypxfr が制御端末無しで起動された場合、例えば ypserv(8) 内部から起動された
     場合には、 syslog(3) 機構を使用して、全ての出力のログを取ります。


     FreeBSD バージョンの ypxfr は FreeBSD の rpc.ypxfrd(8) サーバと連動する特
     別なマップ転送プロトコルをサポートします。このプロトコルは、生のマップデ
     ータベースファイルを NIS マスタサーバから転送する事を許しますので、特に大
     きな NIS マップの場合は、標準の転送方法よりも数倍高速です。 ypxfr コマン
     ドは NIS マスタサーバ上に rpc.ypxfrd(8) が登録されているかをチェックし、
     存在する場合にはこれを使用しようとします。存在しない場合には、標準プロト
     コルを使用し、 ypserv(8) からマップの内容をコピーし、新たなマップを作成し
     ます。

     概念的には FreeBSD の ypxfrd プロトコルは SunOS の ypxfrd プロトコルと同
     じですが、 FreeBSD のプロトコルは SunOS のプロトコルとは互換ではないた
     め、 Sun の ypxfrd サーバとともに使用する事は出来ない事に注意して下さい。
     FreeBSD のスレーブは、非 FreeBSD の NIS サーバからマップを転送する事が出
             のフラグを指定しないと、ローカルの NIS サーバと通信できないため
             に、 ypxfr は転送を中止します。

     -d target domain
             現在の NIS ドメインではない別のドメイン名を指定します。

     -h source host
             NIS マップのコピー元のホスト名を指定します。このオプションにより
             ypxfr が NIS マスタサーバからのみマップをコピーする事を保証できま
             す。

     -s source domain
             マップの転送元のドメインを指定します。これは 2 つの NIS ドメイン
             間で転送を行う時に有用です。

     -p path
             NIS マップを保持する最上位ディレクトリを指定します。デフォルトで
             はこのパスは /var/yp です。 -p フラグにより別のパスを指定し、 NIS
             マップを別の場所に格納する場合に対処できます。 NIS サーバ
             ypserv(8) が別のパスを使用するように指示された場合にも、このフラ
             グを ypxfr に渡します。

     -C taskid program-number ipaddr port
             yppush(8) によるマップ転送要求への応答として、 ypxfrypserv(8)
             から起動された場合にのみ、このオプションは使用されます。この場
             合、 ypxfryppush(8) を `コールバック' して通信する必要があり
             ますので、 yppush(8) は IP アドレス ipaddr 、ポート番号 port 、登
             録プログラム番号(registered program number) program-number 、トラ
             ンザクション ID taskid を渡し、マスタサーバ上で待っている
             yppush(8) プロセスと通信出来るようにします。

     mapname
             転送するマップを指定します。


関連ファイル

     /var/yp/[domainname]/[maps]       ある NIS ドメインの NIS マップ。


関連項目

     yp(4), ypserv(8), yppush(8)


作者

     Bill Paul <wpaul@ctr.columbia.edu>

FreeBSD 4.4                    February 5, 1995                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス