ypset(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ypset

前のページ 上に戻る 次のページ

ypset




解説

     ypset は、同一マシン上の ypbind(8) プロセスに、通信すべき YP サーバプロセ
     スを指示します。もし server がダウンしていたり YP サーバプロセスが動作し
     ていない場合、 YP クライアントプロセスが YP マップにアクセスしようと試み
     るまでは検知されません。 YP マップをアクセスしようとした時に、 ypbind(8)
     はバインドをテストして適切な処理を行います。

     ypset は、最も近い YP サーバともブロードキャストネットワークが異なる YP
     クライアントをバインドする場合に最も有用ですが、ローカルなネットワークの
     YP の構成をデバッグする場合、特定の YP クライアントのプログラムをテストす
     る場合、ローカルネットワークに存在する複数の YP サーバの中から特定のサー
     バにバインドする場合にも使用できます。

     オプションは以下の通りです:

     -h host
           ローカルマシンではなく、指定したホスト host にバインドします。

     -d domain
           domainname(1) が返すデフォルトドメインではなく、指定した YP ドメイ
           ン domain を使用します。


関連項目

     domainname(1), ypcat(1), ypmatch(1), yp(4), ypbind(8),


作者

     Theo De Raadt

FreeBSD 4.4                    October 25, 1994                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス