yppush(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

yppush

前のページ 上に戻る 次のページ

yppush


            [-v] mapname


解説

     yppush は、NIS ドメインにおいて、更新した NIS データベース(もしくは マッ
     プ) を NIS マスタサーバから NIS スレーブサーバへ配布します。通常、NIS
     マップが更新された場合に NIS マスタの /var/yp/Makefile からのみ起動されま
     す。 /var/yp/Makefile はデフォルトでは yppush を起動しない事に注意して下
     さい: これを変えるにはまず、Makefile 中の ``NOPUSH=True'' エントリをコメ
     ントアウトしなければなりません (デフォルトの FreeBSD の設定は小さなネット
     ワークに単一の NIS サーバがある状況を想定しています; この様な設定では
     yppush は不要です)。

     デフォルトでは、 yppush はドメイン内のスレーブサーバ名を決定するために
     ypservers マップを検索します。宛先ホスト(もしくはホストのリスト)は手動で
     コマンドラインから指定可能です。スレーブサーバのリストが与えられると、 `
     マップ転送' 要求を各スレーブに送信します。今度はスレーブが、 ypxfr(8) を
     使用して、NIS マスタサーバからマップのコピーを読み取ります。コピーされる
     マップ名と ypxfr(8)yppush に `コールバック' して転送を完遂するために
     必要な特別な情報とが、各リクエストに含まれます。コールバックにおいて
     yppushypxfr(8) から受け取るエラーメッセージは全て標準エラー出力に出力
     されます。

     以下のオプションが使用可能です:

     -d domain
             ドメイン名を指定します。ローカルホストの NIS ドメイン名がデフォル
             トで使用されます。ローカルホストのドメイン名が設定されていない場
             合には、このフラグでドメイン名を指定しなければなりません。

     -t timeout
             タイムアウト値を秒単位で指定します。このタイムアウトは、 yppush
             がリスト中の次のスレーブサーバ宛にマップ転送要求を送る前に返答を
             どれくらい待つかを制御します。

     -j #parallel jobs
             yppush は通常、転送を逐次的に行います。すなわち、マップ転送要求を
             一つのスレーブサーバに送り次のスレーブサーバに取り掛かる前に返答
             を待つということです。多くのスレーブがいる環境では、同時に複数の
             マップ転送を開始し、転送を並列に行う方が効率が良くなります。 -j
             フラグにて並列処理するジョブ数を指定します: yppush は指定された数
             の転送をすぐに開始し、返答を待ちます。並列ジョブ数がスレーブ数よ
             り少ない場合は、 yppush は指定されたジョブ数の処理のみを開始し、
             返答を待ち、処理が完了してから残りの処理に取り掛かります。

             yppush はコールバックを非同期に取り扱う事に注意して下さい。これは
             どういうことかというと、全てのマップ転送要求を送信する前であろう
             とも、 ypxfr(8) からコールバック情報を受け取るとすぐに、この情報
             を表示する事を意味します。

     -h host
             ypservers マップ中のサーバのリストの代わりに、ユーザが指定するマ
             シンもしくはマシンのグループ宛にマップを転送できます。複数のホス


関連項目

     yp(4), ypserv(8), ypxfr(8)


バグ

     NIS v1 における NIS マップ転送機構は NIS v2 におけるものとは異なります。
     このバージョンの yppush は NIS v2 システム宛のマップ転送のみをサポートし
     ています。


作者

     Bill Paul <wpaul@ctr.columbia.edu>

FreeBSD 4.4                    February 5, 1995                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス