ypinit(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ypinit

前のページ 上に戻る 次のページ

ypinit


     ypinit -s master_server [domainname]
     ypinit -u [domainname]


解説

     ypinit スクリプトは Network Information Service (NIS) のマスタあるいはス
     レーブサーバ上でデータベースを設定します。

     マスタサーバにおいては、 ypinit/var/yp/$DOMAINNAME ディレクトリと
     /var/yp/ypservers ファイルを作成し、初期 NIS マップ一式を設定するために
     /var/yp/Makefile を呼び出します。マップは、 yp_mkdb(8) コマンドを用いて、
     ローカルなソースファイルから作成されます。スクリプトは、指定されたドメイ
     ンに対応するサーバのリストの入力をユーザに促します。このリストは
     ypservers マップを設定するために使用されます。

     スレーブサーバにおいては、 ypinit/var/yp/$DOMAINNAME を作成し、マスタ
     からの NIS マップのコピーを用いて設定します。マップはマスタから ypxfr(8)
     コマンドを使用して取得されます。 ypinit スクリプトは、転送するマップのリ
     ストを 2 つの方法のうちの 1 つで取得します。もしシステムが NIS クライアン
     トとして設定されておりマスタサーバに結ばれているのであれば、 ypinitypwhich(1) コマンドを用いてマスタサーバから提供されるマップのリストを得る
     ことができます。システムが NIS マスタのクライアントとして設定されていない
     場合には、 ypinit はハードコードされたマップのリストを用いるため、そのう
     ちのいくつかはマスタ上には実際には存在したり存在しなかったりするかもしれ
     ません。システム管理者は、必要であればスクリプトを編集して、マップのリス
     トを変更することができます。あるいは個々のマップを ypxfr(8) を用いてマス
     タから手動で転送することもできます。


オプション

     ypinit は以下のオプションをサポートしています。

     -m [domainname]
             マスタサーバを設定します。デフォルトでは、スクリプトはシステムの
             デフォルトドメインに対するサーバとして設定します。ユーザが
             domainname を明示的に指定することによって、このデフォルトを上書き
             することができます。ローカルファイルをテンプレートとして
             yp_mkdb(8) コマンドを使うことにより、マップは最初から構築されま
             す。

     -s master_server [domainname]
             master_name をマスタとしてスレーブサーバを設定します。マップは
             ypxfr(8) を用いて master_server からスレーブにコピーされます。デ
             フォルトでは、スクリプトはシステムのデフォルトドメインに対するサ
             ーバとして設定します。ユーザが domainname を明示的に指定すること
             によって、このデフォルトを上書きすることができます。

     -u [domainname]
             マスタサーバ上の ypservers マップを更新します。新しいスレーブがド
             メインに追加された時には、そのホスト名を ypservers マップに追加す
             る必要があります。これによりマスタ上の yppush(8) がすべてのスレー
             ブに対して更新を伝播できるようになります。


関連ファイル


関連項目

     yp(4), mknetid(8), revnetgroup(8), yppush(8), ypserv(8), ypxfr(8),
     yp_mkdb(8)


歴史

     このバージョンの ypinit は OpenBSD の ypinit スクリプトに基づいています。
     FreeBSD 3.0 から登場しました。


作者

     オリジナルのスクリプトは Mats O Jansson <moj@stacken.kth.se> によって書か
     れました。 FreeBSD 用に
     Bill Paul <wpaul@ctr.columbia.edu> によって変更されました。

FreeBSD 4.4                    November 10, 1997                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス