yp_mkdb(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

yp_mkdb

前のページ 上に戻る 次のページ

yp_mkdb


     yp_mkdb -u dbname
     yp_mkdb [-c] [-b] [-s] [-f] [-i inputfile] [-o outputfile]
             [-d domainname] [-m mastername] inputfile dbname


解説

     yp_mkdb は FreeBSD の NIS サーバが使用する db(3) スタイルのデータベースを
     作成します。 yp_mkdb はデータを inputfile から読み取り、そのデータを
     dbnamedb(3) フォーマットで書き込みます (ハッシュテーブル法を使用しま
     す)。入力は 'key data' の形式、すなわち空白で区切られた 2 つの ASCII デー
     タフィールドである必要があります。 1 番目のフィールドはキーであるとされ、
     他は全てデータであるとされます。通常、データベースが格納されるのは
     /var/yp/[domainname] です。ここで、 domainname はサーバが対象とする NIS
     ドメイン名です。 yp_mkdb が起動されるのは、通常 /var/yp/Makefile からで
     す。 yp_mkdb で NIS データベースファイルをダンプし、内容検査を行えます。
     セキュリティのため、 yp_mkdb が作成した全てのデータベースは、所有者のみ読
     み書き可能です (通常所有者は root です)。

     以下のオプションをサポートしています:

     -c      YPPROC_CLEAR リクエストをローカルホスト上の ypserv(8) 宛に送るこ
             とを yp_mkdb に指示します。このシグナルにより、サーバはオープンし
             ているデータベースデスクリプタをクローズし、データベースキャッ
             シュをフラッシュします。このフラグを単体で使用した場合、サーバに
             シグナルを送るだけで他には何もしません。データベース作成コマンド
             とともに使用した場合には、 yp_mkdb は新たなデータベースが成功裏に
             作成された後にのみシグナルを送ります。

     -b      キーが YP_INTERDOMAIN でありデータフィールドが空である特別なエン
             トリのデータベースへの追加を yp_mkdb に指示します。このキーがマッ
             プ中に存在すると、 ypserv(8) における 'マッチ' 手続きの動作が何も
             言わずに変わります。 (キーにマッチするレコードをサーバが見付けら
             れなかったことにより) マッチ問い合わせが失敗した場合、その要求さ
             れたマップに YP_INTERDOMAIN キーが存在する場合には、 ypserv(8) は
             今度はそのエントリが DNS でマッチするか検索します。この特別な振舞
             は hosts マップだけに適用されることに注意して下さい。他のマップに
             -b フラグを使用しても効果はありません。

     -s      このフラグは、キーが YP_SECURE でありデータフィールドが空である特
             別なエントリをデータベースに追加するために使用します。このキーが
             マップ中にあると、 ypserv(8) は問い合わせのために用意されたポート
             以外からのクライアントからのアクセスを拒否します。これは主に、特
             権アクセスのみに制限しなければならない master.passwd マップのため
             に使用します。

     -f      このフラグを使用すると、ソースファイル入力で ``+'' または ``-''
             の文字で開始する行をフィルタします。これらの文字は、 group,
             passwd, master.passwd のマップで特殊な意味を持つため、これらの
             マップのキーまたはデータの最初の文字として登場してはなりません。
             -f フラグを使用すると、 ``+'' または ``-'' の文字で開始するソース
             行を yp_mkdb は拒否し、捨てた行を表示する警告メッセージを発行しま
             す。

             ンコードされた特別なエントリをデータベース中に作成します。

     -m mastername
             NIS マップ作成時に、キーが YP_MASTER_NAME であり mastername がエ
             ンコードされた特別なエントリをデータベース中に作成します。データ
             ベース中のこのエントリは、ドメイン中の NIS マスタサーバの名前を判
             定するために、様々な NIS ユーティリティからしばしば使用されます。
             デフォルトでは、 yp_mkdb はローカルホストが NIS マスタであるとし
             ます; -m オプションをすればこのデフォルトを上書きできます。


関連ファイル

     /var/yp/Makefile  yp_mkdb を呼び出し NIS データベースを作成する Makefile


関連項目

     db(3), ypserv(8)


作者

     Bill Paul <wpaul@ctr.columbia.edu>

FreeBSD 4.4                     March 12, 1996                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス