wicontrol(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

wicontrol

前のページ 上に戻る 次のページ

wicontrol


     wicontrol -i iface -t tx_rate
     wicontrol -i iface -n network_name
     wicontrol -i iface -s station_name
     wicontrol -i iface -c 0 | 1
     wicontrol -i iface -q SSID
     wicontrol -i iface -p port_type
     wicontrol -i iface -a access_point_density
     wicontrol -i iface -m mac_address
     wicontrol -i iface -d max_data_length
     wicontrol -i iface -e 0 | 1
     wicontrol -i iface -k key [-v 1 | 2 | 3 | 4]
     wicontrol -i iface -T 1 | 2 | 3 | 4
     wicontrol -i iface -r RTS threshold
     wicontrol -i iface -f frequency
     wicontrol -i iface -P 0 | 1
     wicontrol -i iface -S max_sleep_duration
     wicontrol -i iface -Z -(zero -signal -cache)
     wicontrol -i iface -C -(display -signal -cache)


解説

     wicontrol コマンドは、 wi(4) ドライバを介し、 WaveLAN/IEEE ワイヤレスネッ
     トワークデバイスの動作を制御します。変更可能なほとんどのパラメータは、
     WaveLAN が実装している IEEE 802.11 プロトコルに関連するものです。これに含
     まれるのは、ステーション名、ステーションの動作がアドホック (ポイントツー
     ポイント) と BSS (サービスセット) のどちらであるか、 BSS モードが有効な場
     合には加入するサービスセットのネットワーク名 (IBSS) です。 wicontrol コマ
     ンドを使用して、これらのパラメータの現在の設定を見ることができますし、カ
     ードの統計情報カウンタの値をダンプできます。

     wicontrol に与えられる iface 引数は、 WaveLAN/IEEE デバイスに関連付けられ
     る論理インタフェース名であることが必要です (wi0, wi1 等)。指定しない場合
     には ``wi0'' が仮定されます。


オプション

     オプションを示します:

     -i iface [-o]
             指定した WaveLAN/IEEE インタフェースの現在の設定を表示します。現
             在のカードの設定をドライバから取り出し、表示します。追加の -o フ
             ラグを使用すると、 wicontrol は、カードの設定の代りに統計情報カウ
             ンタを表示します。暗号化キーは、 wicontrol が root で実行された場
             合のみ表示されます。

     -i iface -t tx_rate
             指定したインタフェースの転送レートを設定します。転送レートとして
             の正当な値は、インタフェースが標準の WaveLAN/IEEE であるか Wave-
             LAN/IEEE Turbo アダプタかによって変わります。標準の NIC でサポー
             トする最大転送レートは 2Mbps ですが、ターボ版の NIC では最大速度
             6Mbps をサポートします。次の表は、正当な転送レートの設定と対応す
             る転送速度を示します:

                   TX レート    NIC 速度

             設定します。 network_name は、30 文字までの長さの任意のテキスト文
             字列です。デフォルトの名前は文字列 ``ANY'' であり、最初に利用可能
             となったアクセスポイントにステーションが接続することを許します。
             このオプション設定が動作するためには、 -p フラグを使用して、イン
             タフェースを BSS モードにすることが必要です。

             注: WaveLAN のマニュアルによると、空文字列を指定するとホストがす
             べてのアクセスポイントへ接続可能となるとあります。一方、別のドラ
             イバを見たところ、文字列 ``ANY'' も同様に動作するとありました。

     -i iface -s station_name
             指定したインタフェースのステーション名を設定します。 station_name
             は診断のために使用されます。 Lucent WaveMANAGER ソフトウェアは、
             リモートホストの名前を調査可能です。

     -i iface -c 0 | 1
             ステーションがサービスセット (IBSS) を作成することを許します。許
             される値は、 0 (IBSS を作成しません) と 1 (IBSS の作成を有効にし
             ます) です。デフォルトは 0 です。

             注: このオプションは実験的な目的でのみ提供されています: ホストシ
             ステム上で IBSS の作成を有効にしても、実際には動作していないよう
             です。

     -i iface -q SSID
             指定したインタフェース上に作成する IBSS の名前 (SSID) を指定しま
             す。 SSID は、30 文字までの長さの任意のテキスト文字列です。

             注: このオプションは実験的な目的でのみ提供されています: ホストシ
             ステム上で IBSS の作成を有効にしても、実際には動作していないよう
             です。

     -i iface -p port_type
             指定したインタフェースのポートタイプを設定します。 port type の正
             当な値は、 1 (BSS モード) と 3 (アドホック) モードです。アドホッ
             クモードでは、あるステーションは直接電波が届く範囲の他のステー
             ション (これらもアドホックモードで動作していることが必要です) と
             直接通信可能です。 BSS モードでは、アクセスポイントが制御するサー
             ビスセットとホストとが関連付けられることが必要です。アクセスポイ
             ントは、エンドステーション間のトラフィックを中継します。デフォル
             トの設定は 3 (アドホックモード) です。

     -i iface -a access_point_density
             指定したインタフェースのアクセスポイント密度を指定します。正当な
             値は、 1 (低)、 2 (中)、 3 (高) です。この設定は、電波モデムの閾
             値の設定に影響します。

     -i iface -m mac_address
             指定したインタフェースのステーションアドレスを設定します。
             mac_address は、コロンで区切られる 6 個の 16 進数の連続として指定
             されます。例えば ``00:60:1d:12:34:56'' となります。これにより、新
             規アドレスがカード上にプログラムされ、インタフェースも更新されま
             ラグが指定されないと、最初のキーが設定されます。暗号化キーは、通
             常テキスト (すなわち ``hello'') または一連の 16 進数 (すなわち
             ``0x1234512345'') のどちらかです。 WaveLAN Turbo Silver カードで
             は、キーは 40 ビットに制限されていますので、キーは 5 文字までのテ
             キスト文字列か 10 桁の 16 進数です。 WaveLAN Turbo Gold カードで
             は、キーは 104 ビットまでですので、 Silver カードでサポートされて
             いる書式に加え、キーは 13 文字までのテキスト文字列か 26 桁の 16
             進数がサポートされます。

     -i iface -T 1 | 2 | 3 | 4
             4 個の WEP 暗号化キーのどれを使用して転送パケットを暗号化するかを
             指定します。

     -i iface -r RTS_threshold
             指定したインタフェースの RTS/CTS 閾値を設定します。これ
             は、RTS/CTS ハンドシェーク境界に使用するバイト数を制御します。
             RTS_threshold は 0 から 2047 までの任意の数値です。デフォルトは
             2347 です。

     -i iface -f frequency
             指定したインタフェースの電波の周波数を設定します。 frequency は次
             の表に示すチャネル ID で指定することが必要です。利用可能な周波数
             は、各地の当局によって指定される電波規制に依存します。既知の規制
             元としては、 FCC (米国)、ETSI (欧州)、フランス、日本があります。
             表中の周波数は Mhz です。

                   チャネル ID   FCC   ETSI   仏   日
                   1             2412  2412   -    2412
                   2             2417  2417   -    2417
                   3             2422  2422   -    2422
                   4             2427  2427   -    2427
                   5             2432  2432   -    2432
                   6             2437  2437   -    2437
                   7             2442  2442   -    2442
                   8             2447  2447   -    2447
                   9             2452  2452   -    2452
                   10            2457  2457   2457 2457
                   11            2462  2462   2462 2462
                   12            -     2467   2467 2467
                   13            -     2472   2472 2472
                   14            -     -      -    2484

             不正なチャネルを指定すると、NIC はデフォルトチャネルに戻ります。
             米国および欧州で販売されている NIC では、デフォルトチャネルは 3
             です。フランスで販売されている NIC では、デフォルトチャネルは 11
             です。日本で販売されている NIC では、デフォルトチャネルは 14 で
             す。これは、11Mbps 以前の NIC においては唯一利用可能なチャネルで
             す。 2 つのステーションが通信するためには、同一のチャネルに設定さ
             れていることが必要であることに注意してください。

     -i iface -P 0 | 1
             指定したインタフェースの電源管理を有効または無効にします。電源管

     -i iface -Z
             wi(4) ドライバ内部で管理される信号強度キャッシュをクリアします。

     -i iface -C
             wi(4) ドライバ内部で管理されるキャッシュされた信号強度情報を表示
             します。ドライバは、他のホストから受信するパケットに関し、信号強
             度とノイズレベルに関する情報を維持します。信号強度とノイズレベル
             の値は dBms の単位で表示されます。信号品質値は、信号強度からノイ
             ズレベルを減じたものです (すなわち、低ノイズで良い信号の場合、信
             号品質が向上します)。


関連項目

     wi(4), ifconfig(8)


歴史

     wicontrol コマンドが最初に登場したのは FreeBSD 3.0 です。


作者

     wicontrol コマンドは Bill Paul <wpaul@ctr.columbia.edu> が記述しました。

FreeBSD 4.4                     April 21, 1999                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス