watch(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

watch

前のページ 上に戻る 次のページ

watch




解説

     watch は、特定の tty を通して流れてくる全てのデータをスーパユーザに提供し
     ます。 watch は、標準出力に出力します。

     以下のようなオプションがあります。

     -c      閉じられた時点で再接続を行います。 watch によって観察されている
             tty が閉じられたならば、自動的に同じ tty に再接続します。このオプ
             ションが指定されていない時は、 watch は対話モードで実行されている
             時には新しい tty を要求し、 tty 制御を行わずに実行されている場合
             は終了します。

     -i      対話モードにします。対話モードは、 watch が tty から実行された場
             合のデフォルトです。出力がファイルにリダイレクションされている時
             は、このオプションを指定することで対話モードにできます。

     -o      あふれが発生した場合、再接続します。観察している tty があふれた時
             の watch の振舞いは、観察している tty が閉じられた時の振舞いに似
             ています。詳しい情報は、 snp(4) を見てください。

     -t      tty の観察を始めた時の日付と時間を表示します。

     -n      観察する tty を対話的に変更できなくします。これは、<control-X> に
             よる変更要求と、現在の tty が閉じられたりあふれを起こした場合の自
             動プロンプトともに無効にします。プロンプトが表示される全ての場
             合、 watch は終了します。再接続フラグは、このオプションに影響され
             ません。

     -W      観察している tty への書き込みを許可します。

     tty     tty は、仮想 tty デバイスや仮想コンソールやシリアル線などのよう
             に、 tty 形式のデバイスとして指定しなければなりません。名前には、
             前に /dev/ をつけても構いません。


操作

     対話的モードで実行中は、全てのユーザの入力は以下のものを除いて、捨てられ
     ます。

     <control-G>
           watch の終了。
     <control-W>
           画面の消去。
     <control-X>
           除き見る tty の変更。


制限事項

     スーパユーザだけが、 watch を実行できます。


関連項目

     pty(4), sio(4), snp(4)


ABELNET VPSサービス