vipw(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

vipw

前のページ 上に戻る 次のページ

vipw




解説

     vipw は、適切なロックをしてパスワードファイルの編集を行い、ロックを解除し
     た後で必要な処理を行います。すでに他のユーザによってパスワードファイルが
     編集中でロックされていた場合には、 vipw は後で再度実行するように知らせま
     す。デフォルトでは、 vi(1) がエディタとして使用されます。

     オプションを指定せずに実行すると、 vipw/etc のパスワードファイルに対
     して動作します。 -d オプションを使用することにより、別の directory に対し
     て動作させることが可能です。

     vipw はパスワードファイルエントリの多くの整合性をチェックし、「間違った」
     エントリを含むパスワードファイルがインストールされないようにします。間
     違っていた場合にはユーザに再編集を要求します。

     パスワードファイルの情報が正しいことが確かめられると、 vipwpwd_mkdb(8) を使ってデータベースを更新します。これはバックグラウンドで行
     なわれ、大きなサイトでは数分かかります。この更新が終了するまで、他でパス
     ワードファイルを更新したり、新しい情報をプログラムで利用することはできま
     せん。


環境変数

     以下の環境変数が vipw で参照されます。

     EDITOR           起動するエディタを指定します。指定がなければ vi(1) を使
                      用します。

     PW_SCAN_BIG_IDS  pwd_mkdb(8) を参照してください。


関連項目

     chpass(1), passwd(1), passwd(5), adduser(8), pwd_mkdb(8)


歴史

     vipw コマンドは 4.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス