uuxqt(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

uuxqt

前のページ 上に戻る 次のページ

uuxqt



書式

       uuxqt [ options ]


解説

       uuxqt   デーモンは、ローカルもしくはリモートシステムの uux
       (1) によって要求されたコマンドを実行します。このデーモンは
       uucico  (8)   に よっ て自動的に実行開始されます。ただし、
       uucico (8) デーモンが -q オプションか --nouuxqt オプション
       を付加して実行された場合にはこの限りではありません。

       通常は、 uucico (8) から本コマンドを起動するため、本コマン
       ドをユーザが直接実行する必要はありません。しかし、処理キュ
       ーの処理について、なんらかの融通をきかせたい場合に本コマン
       ドは有効です。

       uuxqt の複数同時起動については、初期化コマンドの max-uuxqt
       を 用 いることによって同時起動最大数を制御することが出来ま
       す。


オプション

       以下のオプションが uuxqt で使用可能です。

       -c command, --command command
            引数 command で指定したコマンドの要求のみを実行 し ま
            す。例:
                 uuxqt --command rmail

       -s system, --system system
            指定したシステムからの要求のみを実行します。

       -x type, --debug type
            特 定のデバッグタイプを有効にします。デバッグタイプと
            し て は、  abnormal,  chat,  handshake,  uucp-proto,
            proto,  port,  config,  spooldir,  execute, incoming,
            outgoing が有効です。なお、 uuxqt 自体に意味のある デ
            バッグタイプは abnormal, config, spooldir, execute の
            4 つだけです。

            デバッグタイプに関しては、コンマで区切ることで複数 指
            定が可能になります。 --debug によるデバッグタイプ指定
            は、 1 つのコマンドライン中に複数存在してもかまいませ
            ん。 数字による指定を行なうと、先述のリスト中、先頭か
            ら指定した番号までのデバッグタイプが有効になりま す。
            例 えば、 --debug 2 と指定した場合は、 --debug abnor-
            mal,chat と指定したのと同じです。

            デバッグ出力は、デバッグファイルに記録され ま す。 デ
            バッ グ ファ イ ルは、通常は、 /var/spool/uucp/Debug,
            /var/spool/uucp/DEBUG,
            /var/spool/uucp/.Admin/audit.local のいずれかです。

       -I file, --config
       /etc/uucp/config - 設定ファイル。
       /var/spool/uucp - UUCP スプールディレクトリ。
       /var/spool/uucp/Log - UUCP ログ記録ファイル。
       /var/spool/uucppublic - デフォルト時の UUCP パブリックディ
       レクトリ。
       /var/spool/uucp/Debug - デバッグ情報ファイル。


関連項目

       uucp(1), uux(1), uucico(8)


作者

       Ian Lance Taylor (ian@airs.com)



                         Taylor UUCP 1.05                uuxqt(8)

ABELNET VPSサービス