uucico(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

uucico

前のページ 上に戻る 次のページ

uucico



書式

       uucico [ options ]


解説

       uucico デーモンは、 uucp (1) および uux (1) によってキュー
       に蓄積されたファイル転送リクエストの処理をします。  uucico
       は、(  -r オプションなしに) uucp あるいは uux が実行された
       時に実行を始めます。また、典型的な方法として、 crontab  テ
       ーブルを用いて定期的に実行されます。

       -r1, --master, -s, --system あるいは -S オプションとともに
       起動された場合、デーモンはリモートシステムを呼び出し、マス
       タモードで動作します。それ以外の場合は、デーモンはスレーブ
       モードで動作し、リモートシステムからの呼び出しを受け付けま
       す。典型的な方法として、 UUCP 用の特別なログイン名が準備さ
       れ、呼び出しを受けると uucico を自動的に起動するように設定
       されます。

       uucico が終了すると、 -q あるいは --nouuxqt が指定されてい
       なければ、 uuxqt (8) デーモンを起動します。 uuxqt (8) は、
       リ モ ー トシステムの uux (1) によって作成された作業を実行
       し、また、待機していたリモートファイルの受信によりローカル
       に作成された作業を実行します。

       呼び出しが失敗すると、 uucico は、ある(設定可能な)時間が経
       過するまで、再呼び出しを拒否します。 こ の 動 作 は、  -f,
       --force   あるいは -S オプションにより無効にする事ができま
       す。

       -l, --prompt, -e あるいは --loop オプションを使用 す る 事
       で、  uucico に独自の "login:" および "Password:" プロンプ
       トを生成させる事ができます。他のデーモンが呼び出して来た場
       合、このプロンプトを見て、通常通りにログインする事ができま
       す。この場合、ログイン名およびパスワ ー ド は  /etc/passwd
       ファ イ ル で はなく、 uucico 専用に準備されたリストにより
       チェックされます。一部 の シ ス テ ム で は、  uucico/etc/passwd ファイルを用いるようにする事も可能です。 -l あ
       るいは --prompt オプションを用いると、プロンプトを一回だけ
       生成し、そのセッションが終了するとプロセスも終了します。こ
       のモードでは、UUCP 管理者あるいはスーパユーザは -u ある い
       は  --login オプションを用いてログイン名を指定する事ができ
       ます。この時、 uucico は "login:" プロンプトを生成し ま せ
       ん。  -e  あるいは --loop オプションを用いると、最初のセッ
       ションが終了すると再びプロンプトを生成します。このモードで
       は、 uucico は、ポートを永久的に制御します。

       uucico が SIGQUIT、SIGTERM あるいは SIGPIPE シグナルを受け
       取ると、現在のリモートシステムとのやり取りを中断し、終了し
       ます。 uucico が SIGHUP シグナルを受け取ると、現在のやり取
       りを中断しますが、 -r1 あるいは --master により起動され た
       場合は、呼び出しを継続し、 -e あるいは --loop により起動さ
       れた場合は、他のシステムからの呼び出しを受け 付 け ま す。
            スレーブモードで動作します。デフォルトはこの 設 定 で
            す。

       -s system, --system system
            指定されたシステムを呼び出します。

       -S system
            必 要な待ち時間を無視して、指定されたシステムを呼び出
            します。 -s system -f と等価です。

       -f, --force
            呼び出しに際して、必要な待ち時間を無視します。

       -l, --prompt
            "login:" と "Password:" を表示してログイン名とパス ワ
            ードの入力を要求します。このオプションにより、 uucicoinetd (8) から起動することを容易にします。ログイン
            名 お よ びパスワードは UUCP パスワードファイルにより
            チェックされ、通常このファイルは /etc/passwd ファイル
            とは関連していません。 --login オプションを用いてログ
            イン名を指定する事ができます。この時、 uucico は、 パ
            スワードの入力のみを要求します。

       -p port, --port port
            呼 び 出 しあるいは待ち受けに使用するポートを指定しま
            す。

       -e, --loop
            ログイン/パスワードの要求とスレーブモードデーモンでの
            実 行の無限ループに入ります。プログラムは自分自身では
            終了しないので、終了させるためには kill (1) を使用 す
            る必要があります。

       -w, --wait
            ( -s, --system あるいは -S が指定されていればそのシス
            テムへの、単に -r1 あるいは --master が指定されていれ
            ば作業がある全てのシステムへの)呼び出しが終了すると、
            --loop が指定された場合同様、無限ループに入ります。

       -q, --nouuxqt
            終了後に、 uuxqt (8) デーモンの実行をしません。

       -c, --quiet
            その時間に全ての呼び出しが禁止されていた場合、呼び 出
            し は 行 わず、ログファイルにエラーメッセージも記録せ
            ず、 uustat (1) で報告されるシステム状況も更新しま せ
            ん。 このオプションは、どのシステムが現在呼び出し可能
            であるかを気にせずに全てのシステムへの呼び出しを試 す
            よ うな、自動ポーリングスクリプトから使用する場合に便
            利でしょう。さらに、このオプションを使用すると、作 業
            が何もない事の記録も行いません。

            パスワードの入力だけを待ちます。

       -z, --try-next
            リモートシステムに接続したあとに呼び出しが失敗した 場
            合、単に終了するのではなく、次の選択肢を試行します。

       -i type, --stdin type
            標 準入力を使用する場合のポートのタイプを指定します。
            サポートされる唯一のタイプは TLI で、TLI ネットワーク
            イ ンタフェースをサポートしているマシンでしか使用する
            事ができません。 -iTLI を指定すると、 uucico は、入出
            力を行う時に TLI 呼び出しを使用します。

       -x type, -X type, --debug type
            特 定 の デバッグタイプを指定します。タイプとしては、
            abnormal, chat, handshake, uucp-proto,  proto,  port,
            config,  spooldir, execute, incoming, outgoing があり
            ます。

            コンマで区切ることで複数のデバッグタイプが指定可能 で
            す。 そして、 --debug オプションは、1回のコマンド起動
            で複数回指定可能です。また、タイプとして数字を指定 す
            る こ と も 可能です。例えば、 --debug 2 は、 --debug
            abnormal,chat と同じ意味です。

            デバッグ出力は、デバッグファイルに記録され ま す。 通
            常、 デ バッ グ ファ イ ルは、 /var/spool/uucp/Debug,
            /usr/spool/uucp/DEBUG,
            /usr/spool/uucp/.Admin/audit.local のいずれかです。

       -I file, --config file
            使 用する初期設定ファイルの指定を行います。ただし、本
            オプションが使用可能かどうかは、 uucico がどのよう に
            コンパイルされたかによります。

       -v, --version
            バージョンを表示し、終了します。

       --help
            ヘルプを表示し、終了します。


関連ファイル

       関連ファイル名は、コンパイル時の指定ないしは初期設定ファイ
       ルにより変化します。以下に挙げるものは、その一例です。

       /etc/uucp/config - 初期設定ファイル
       /etc/uucp/passwd - デフォルトの UUCP パスワードファイル
       /var/spool/uucp - UUCP スプールディレクトリ
       /var/spool/uucp/Log - UUCP ログファイル
       /var/spool/uucppublic - デフォルトの UUCP パブリックディレ
       クトリ
       /var/spool/uucp/Debug - デバッグファイル

ABELNET VPSサービス