umount(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

umount

前のページ 上に戻る 次のページ

umount


     umount -a | -A [-fv] [-h host] [-t type]


解説

     umount コマンドは、 スペシャルデバイス (special device) もしくはリモート
     のノード (rhost:path) をファイルシステムツリーの node の位置から除去する
     ために、 unmount(2) システムコールを呼び出します。 specialnode のどち
     らか一方が指定されなかった時は、適当な情報が fstab(5) ファイルから入手さ
     れます。

     以下のようなオプションがあります。

     -a      fstab(5) に記述されているすべてのファイルシステムをアンマウントし
             ます。

     -A      ルート以外で現在マウントされているファイルシステムをすべてアンマ
             ウントします。

     -f      ファイルシステムを強制的にアンマウントします。利用されているスペ
             シャルデバイスは使い続けようとしますが、更にアクセスしようとする
             と、すべてのファイルはエラーを返します。ルートファイルシステムは
             強制的にアンマウントすることはできません。

     -h host
             指定されたホストからマウントしているファイルシステムだけをアンマ
             ウントします。このオプションは -A オプションを暗黙に指定し、 -t
             オプションで他のものを指定しなければ、 NFS ファイルシステムだけを
             アンマウントします。

     -t type
             指定されたタイプのファイルシステムだけを扱うように指示します。 1
             つ以上のタイプは、コンマ (``,'') で分けたリストで指定します。ファ
             イルシステム形式のリストは、前に ``no'' を付けることで、その動作
             をそのファイルシステムに付いては行わない様に指定することもできま
             す。例えば、 umount コマンド

                   umount -a -t nfs,mfs

             は、タイプが NFS と MFS であり、 fstab(5) ファイルに列挙されてい
             るすべてのファイルシステムをアンマウントします。

     -v      冗長モードです。アンマウントされる各ファイルシステムの追加情報が
             出力されます。


関連ファイル

     /etc/fstab  ファイルシステムテーブル


関連項目

     unmount(2), fstab(5), mount(8)


歴史

     umount コマンドは Version 6 AT&T UNIX から導入されました。


ABELNET VPSサービス