tzsetup(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

tzsetup

前のページ 上に戻る 次のページ

tzsetup




解説

     tzsetup プログラムは、タイムゾーン情報データベースを読み込み、メニューを
     ユーザに提供してタイムゾーンを選択させます。ユーザはデータベースのレイア
     ウトの詳細を知る必要はありません。選択されたゾーンは、システムのデフォル
     トのゾーンとしてインストールされます。また tzsetup は、ハードウェアクロッ
     クが UTC でないシステムにおいてなんらかの修正が必要か否かを判定します。

     以下のオプションが使用可能です:

           -n          ファイルの生成やコピーを行いません。

     コマンドラインで default を指定することにより、メニューシステムを略すこと
     ができます; これは主に、設定済のインストールスクリプトのためにあります。


タイムゾーンデータベース

     タイムゾーンデータベースの内容は、 /usr/share/zoneinfo/zone.tab でイン
     デックスされます。このファイルは、各タイムゾーンデータファイルに対し、
     ISO 3166 領土コードと、( ISO 6709 書式の) おおよその地理的な位置と、領土
     内の場所を列挙します。

     データベースの管理者は、次の方針で管理を行います:

           1.   国または居住者のない地理的な領土おのおのに対し、最低 1 個のゾ
                ーンを割り当てます。

           2.   UNIX の基準時点 ( GMT 1970 年 1 月 1 日) からのタイムゾーンの
                履歴の記述されている、区別するものおのおのに対し、 1 個のゾー
                ンを割り当てます。

           3.   各ゾーンの名前は、その中で最も人口の多い都市からとります。 (可
                能であれば、データベースには 1970 以前のその都市の歴史を含めま
                す。)
     データベース (/usr/src/share/zoneinfo/[a-z]*) のソースコードには、さらに
     多くのコメントと歴史的な事情に関する文書への参照が含まれています。


バグ

     tzsetup/etc/localtime を生成または更新したときにすでに実行中であるプ
     ログラムは、更新されたタイムゾーンを反映しません。システムが最初に非 UTC
     ハードウェアクロックに設定されたときには、 adjkerntz(8) を実行する必要が
     あります (通常システム起動時に実行されます)。これは、正しいタイムゾーンオ
     フセットに関するカーネルの理解を更新する必要があるためです。


関連ファイル

     /etc/localtime                現在のタイムゾーンのファイル
     /etc/wall_cmos_clock          adjkerntz(8) を見てください。
     /usr/share/misc/iso3166       ISO 3166 領土コードから名前へのマッピング
     /usr/share/zoneinfo           ゾーン情報ファイルを置くディレクトリ
     /usr/share/zoneinfo/zone.tab  タイムゾーンファイルから国と場所へのマッピ
                                   ング


関連項目



ABELNET VPSサービス