tunefs(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

tunefs

前のページ 上に戻る 次のページ

tunefs


            [-n enable | disable] [-o optimize_preference] [-p]
            [special | filesystem]


解説

     tunefs は、ファイルシステムのレイアウト方針に影響する動的なパラメータを変
     更するために使います。変更するパラメータは以下のフラグで指定します:

     -A      ファイルシステムはスーパブロックのバックアップをいくつか持ってい
             ます。このオプションを指定すると、全てのバックアップの内容はプラ
             イマリスーパブロックと同じく変更されます。これはかなりの危険を秘
             めています。実行する時は気をつけて下さい。

     -a maxcontig
             回転遅延 ( -d を参照) が強制的に行われる前に連続して配置されるブ
             ロック数を指定します。ほとんどのデバイスドライバはディスク転送の
             たびに割り込みが必要なので、デフォルト値は 1 です。一度の転送でい
             くつかのバッファをつないで転送できるデバイスドライバでは、この値
             を最大の連結長にすべきです。

     -d rotdelay
             同じディスクに対する転送完了割り込みサービスと次の転送を開始する
             時間の期待値をミリ秒単位で指定します。この値は、回転遅延による
             ファイル中のブロック間隔を決めるのに使います。

     -e maxbpg
             単一のファイルが他のシリンダグループへまたがる前に、1 つのシリン
             ダグループから割り当てることのできる最大のブロック数を指定しま
             す。普通は、この値にはシリンダグループのブロック数の約 1/4 が使わ
             れます。この値は、単一のファイルが 1 つのシリンダグループのブロッ
             クを使いつくしてしまうことを防ぐために指定します。なぜなら、これ
             によって、そのシリンダグループに続いて配置されるすべてのファイル
             のアクセス速度を低下させてしまうからです。この制限によって、大き
             なファイルに対しては 1 つのシリンダに配置するよりも、長いシークを
             より頻繁に行わせることがあります。極端に大きなファイルのあるファ
             イルシステムに対しては、このパラメータは大きな値にすべきです。

     -m minfree
             一般ユーザが利用することができない領域の割合を指定します。これは
             最低限の空き領域のしきい値となります。デフォルト値は 8% です。こ
             の値はゼロにすることもできますが、10% のしきい値を設けた場合と比
             較し、アクセスの効率が最大 3 倍まで落ちてしまいます。 5% 以下にす
             ると常に最適化は space 優先になってしまい、ファイル書き込みのオー
             バーヘッドがかなり増えます。もしこの値を現在の空き領域より大きな
             値に引き上げると、ファイルを削除してその値を満たすだけの空き領域
             を用意するまで、ユーザはファイルを作成することができなくなりま
             す。

     -n enable | disable
             ソフトアップデートをオン/オフします。ファイルシステムのアンマウン
             トが必要です。

     -o optimize_preference

     reload: Invalid argument

     この理由は、ファイルシステムが現在読み込み専用でマウントされていないため
     です。 tunefs はメモリ内の (r*) デバイスを再ロードしようとしますが、これ
     らはまったくロードされていません。シングルユーザモードでブートしたときに
     は、 ``/'' だけがマウントされていますので、他のすべてのファイルシステムが
     この警告を発っします。これは完全に無害です。


関連項目

     fs(5), dumpfs(8), newfs(8)

     M. McKusick, W. Joy, S. Leffler, and R. Fabry, "A Fast File System for
     UNIX", ACM Transactions on Computer Systems 2, 3, pp 181-197, August
     1984, (reprinted in the BSD System Manager's Manual, SMM:5).


バグ

     このプログラムは、マウントされているファイルシステムに対しても動作すべき
     です。スーパブロックはバッファキャッシュ内に保存されていないため、実行の
     影響は、それをマウントされていないファイルシステムに対して実行したときの
     み現れます。ルートファイルシステムをチューンするには、チューン後に再起動
     する必要があります。

     ファイルシステムをチューンする事はできても、ファイルの中身まではチューン
     できません:-)


歴史

     tunefs コマンドは 4.2BSD から登場しました。

4.2 Berkeley Distribution      December 11, 1993     4.2 Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス