trpt(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

trpt

前のページ 上に戻る 次のページ

trpt




解説

     trpt は、socket に ``デバッグ情報の記録'' を指示した時 ( setsockopt(2) を
     参照) に生成される、 TCP のトレースレコードの内容を表示します。オプション
     を指定しない場合には、 trpt は、システム中のすべてのトレースレコードを、
     TCP コネクションのプロトコル制御ブロック (protorol control block; PCB) に
     よってグループ化して表示します。

     以下のオプションを使ってこの動作を変更することができます:

     -a      通常の出力に加えて、記録された各パケットの送信元と宛先のアドレス
             を表示します。

     -f      トレースが記録される毎にそれを表示します。ログの終りまで表示する
             と、しばらく次のレコードを待ちます。

     -j      トレースレコードの存在する PCB (protocol control block) のアドレ
             スの一覧を表示します。

     -p      16 進数で指定されたアドレス( hex-address )にある PCB についてのト
             レースレコードのみを表示します。

     -s      通常の出力に加えて、パケットのシーケンス情報の詳細を表示します。

     -t      通常の出力に加えて、トレースの各時点でのすべてのタイマの値を表示
             します。

     trpt は、以下のようにして使ってみて下さい。問題となっているコネクションを
     切り分けて、それに関わる socket に対してデバッグ機能を有効にします。
     netstat(1) コマンドの -A オプションを使用して、その socket の PCB のアド
     レスを見つけます。そして、 -p オプションと PCB アドレスを引数にして trpt
     を実行します。 -f オプションを使うと、一度見つけたトレースログを追い続け
     ることができます。デバッグオプションを使っている socket がたくさんある場
     合には、問題になっている socket にトレースレコードがあるかどうかを -j オ
     プションによって確かめる事ができます。

     デフォルト以外のカーネルやメモリイメージをデバッグしたいときには、最後の
     2 つの引数で指定する事ができます。


関連ファイル

     /kernel
     /dev/kmem


関連項目

     netstat(1), setsockopt(2)


診断

     no namelist  トレースバッファを見つけるのに必要なシンボルがシステムイメー
     ジに見つかりません。その他のメッセージは読めば分かるでしょう。


バグ

     入出力されたデータも表示するべきですが、トレースレコードには記録されてい

ABELNET VPSサービス