traceroute6(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

traceroute6

前のページ 上に戻る 次のページ

traceroute6


                 [-q probes] [-s src] [-w waittime] target [datalen]


解説

     -d      デバッグモードです。

     -f firsthop
             トレースにおいて、何ホップをスキップするかを指定します。

     -g gateway
             中間ゲートウェイ ( traceroute6 はルーティングヘッダを使用) を指定
             します。

     -m hoplimit
             ホップ制限の最大を設定します。

     -l      ホストのホスト名と数値アドレスの両方を表示します。通常
             traceroute6 コマンドは -n が指定されていない場合はホスト名のみ
             を、 -n が指定されている場合は数値アドレスのみを表示します。

     -n      数値アドレスからホスト名への解決を行いません。

     -p port
             UDP ポート番号を port に設定します。

     -q probes
             ホップ数あたりのプローブ回数を probes に設定します。

     -r

     -s src  src を始点 IPv6 アドレスとして用います。

     -v      冗長になります。

     -w waittime
             プローブ間の遅延時間を設定します。


戻り値

     traceroute6 コマンドは、成功時に 0 を、エラー時に 0 以外を返します。


関連項目

     ping(8), ping6(8), traceroute(8)


歴史

     traceroute6 コマンドは WIDE Hydrangea IPv6 プロトコルスタックキットではじ
     めて登場しました。

FreeBSD 4.4                      May 17, 1998                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス