timedc(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

timedc

前のページ 上に戻る 次のページ

timedc




解説

     timedc は、 timed(8) を制御するために使用します。具体的には、以下に示す機
     能を有します。

     o   複数のマシン間の時刻の差の計測

     o   マスタタイムサーバの所在の検索

     o   timed(8) が受信したメッセージのトレースの有効/無効の切り替え

     o   様々なデバッグ動作

     timedc を引数なしで起動した場合、 timedc はプロンプトを表示し、標準入力か
     らのコマンド入力待ちの状態になります。起動時に引数を指定した場合、 timedc
     は、最初の引数をコマンドとして、残りの引数をそのコマンドのパラメータとし
     て解釈します。また timedc は、標準入力の代わりにリダイレクションを使用し
     てファイルからコマンドを読み込むこともできます。コマンドは短縮可能です;
     使用可能なコマンドは以下の通りです:
     ? [command ...]

     help [command ...]
             引数リストに指定されたコマンドについての簡単な説明を表示します。
             引数を指定しない場合は、使用可能なコマンドの一覧を表示します。

     clockdiff host ...
             timedc を実行したマシンの時刻と、引数で指定したマシンの時刻の比較
             を行ない、その結果を表示します。

     msite [host ...]
             host で指定したホストのマスタタイムサーバを表示します。
     trace { on | off }
             timed(8) へのメッセージの /var/log/timed.log への記録の有効/無効
             を指定します。
     election host1 [host2 ...]
             host で指定したホスト上の timed デーモンに対し、"election" タイマ
             をリセットし、新たにマスタタイムサーバが選択されていることを確実
             にするよう要求します。

     quit    timedc を終了します。

     上記以外のコマンドも、 timed(8) のテストやデバッグのために実装してありま
     す。それらのコマンドについては、 timedc の help コマンドを用いたり、本コ
     マンドのソースを参照するなどして調べて下さい。


関連ファイル

     /var/log/timed.log        timed 用のトレースファイル。
     /var/log/timed.masterlog  マスタ timed 用のログファイル。


関連項目

     date(1), adjtime(2), icmp(4), timed(8)


ABELNET VPSサービス