timed(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

timed

前のページ 上に戻る 次のページ

timed




解説

     timed デーモンは、タイムサーバデーモンであり、通常はブート時に
     rc.network(8) ファイル内の記述に従って起動されます。本コマンドにより、ホ
     ストと、 timed を実行しているローカルネットワーク上のマシンとの時刻の同期
     を取ります。これらのタイムサーバは、マシン時刻の刻みを遅らせたり進ませた
     りすることで、それらのマシンの時計をネットワーク平均時間に補正します。
     ICMP タイムスタンプリクエストメッセージを用いることで、マシン間の時刻差分
     を計測し、ネットワーク平均時間を計算します。

     次のオプションを使用可能です:

     -d      デバッグモードを有効にします。端末から切り離さないようにします。

     -i network
             無視すべきネットワークリストに network を追加します。他の、直接マ
             シンに接続されているネットワークを timed は使用します。複数のネッ
             トワークをリストに追加するために、本オプションを複数回指定可能で
             す。

     -F host ...
             信頼するホストのリストを作成します。 timed は信頼するホストのみを
             マスタとして受け付けます。信頼していないホストがマスタであると主
             張していると、 timed はそのホストからの入力メッセージを抑制し、新
             規に選択を行います。本オプションは、暗黙的に -M オプションを指定
             します。本オプションを指定しないと、ネットワークに接続されている
             全ホストを信頼できるものとします。

     -M      必要ならば、ホストが timed マスタになることを許します。

     -n network
             network を許可されたネットワークのリストに追加します。他の、直接
             マシンに接続されているネットワークを timed は無視します。複数の
             ネットワークをリストに追加するために、本オプションを複数回指定可
             能です。

     -t      受信メッセージのトレーシングを有効にし、ファイル
             /var/log/timed.log へログします。 timedc(8) ユーティリティによ
             り、 timed 実行中に、トレーシングのオンとオフを切り替え可能です。

     -n-i は排他であり、ホストが実際に接続されているネットワークを引数とし
     て要求します ( networks(5) を参照してください)。どちらのフラグも指定しな
     いと、全ネットワークに対して待機します。

     -M-F のどちらのフラグも指定せずに実行中の timed は、スレーブのままで
     す。 -F フラグを指定しないと、 timed は全マシンを信頼できるものとします。

     timed によって提供されるサービスは、マスタ−スレーブ構造に基づいて構成さ
     れています。 timed がマシン上で動作し始めると、 timed は、マスタサーバに
     ネットワーク時刻を問い合わせ、自マシンの時刻を設定します。この後、マスタ
     サーバから送られる同期メッセージを定期的に受け取り、マシン時間の補正が必
     要な場合には adjtime(2) を呼び出します。
     できるマスタが存在しなくなった場合、そのネットワーク上で選択処理を開始し
     ます。

     マシン群の同期をとるための 1つの方法として、 NTP デーモンを用いてあるマシ
     ンの時刻を遠距離の標準時刻や電波受信機の時刻に同期させ、かつ、信頼できる
     マシンは自分自身だけであることを timed デーモンに -F hostname によって通
     知する、といったものがあります。

     カーネルによるシステムコンソールへのメッセージ出力は、割り込み禁止にて行
     われます。このことは、メッセージが出力されている間はシステム時計が停止し
     ていることを示します。ディスクやネットワークハードウェアに多くの問題を抱
     え、その結果としてメッセージが出力するマシンは、正確な時刻を保持出来ませ
     ん。それぞれのメッセージは、多くは出力されるごとに 10ms 程度の時刻遅延を
     引き起こします。タイムデーモンはこの結果を補正します。

     マシンが返答しないというシステムログメッセージは、通常、当該マシンがク
     ラッシュまたは動作停止したことを示します。マシンの初期時刻設定時の返答失
     敗に関する不平は、大概の場合、“マルチホーム” のマシンが複数のネットワー
     クでタイムマスタを探した後、別のネットワークにおいてスレーブになることを
     選択したことを示します。


警告

     もし timed や NTP のような 2 つ以上の時刻デーモンが同じ時計を更新しようと
     した場合に、一時的に時刻がおかしくなる可能性があります。 timed と他のタイ
     ムデーモンが同じマシン上で走行している場合には、 -F オプションを使用して
     いることを確認して下さい。これは、 timed がローカルマシンの時計を更新しな
     いようにするためです。

     なお、このデーモンが使用するネットワークプロトコルは、 UDP/IP ブロード
     キャストに基づいています。ブロードキャスト範囲内で TSP プロトコルを用いる
     すべてのマシンは協調しあわなければなりません。ブロードキャストパケットが
     届くマシン間では、 -F フラグを使用する管理ドメインを 2 つ以上持つことはで
     きません。このルールに従わないと、通常、"信用できない" マシンに関する不平
     がシステムログに書かれます。


関連ファイル

     /var/log/timed.log        timed のトレースファイル
     /var/log/timed.masterlog  マスタ timed 用のトレースファイル


関連項目

     date(1), adjtime(2), gettimeofday(2), icmp(4), networks(5), timedc(8)

     R. Gusella and S. Zatti, TSP: The Time Synchronization Protocol for UNIX
     4.3BSD.


歴史

     timed デーモンは 4.3BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス