telnetd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

telnetd

前のページ 上に戻る 次のページ

telnetd


                          [-X authtype] [-a authmode] [-edebug] [-p loginprog]
                          [-rlowpty-highpty] [-u len] [-debug [port]]


解説

     telnetd コマンドは、 DARPA 標準 TELNET 仮想端末プロトコルをサポートするサ
     ーバです。 telnetd は、通常は /etc/services ファイル ( services(5) 参照)
     に記述されている TELNET ポートへの接続要求を受けて、インターネットサーバ
     ( inetd(8) 参照) から起動されます。 -debug オプションは、 inetd(8) の代わ
     りに telnetd を手動で起動するために用いられます。このように手動で起動され
     た場合には、代わりの TCP ポート番号で telnetd を動かすために port を指定
     する事ができます。

     telnetd コマンドには以下のオプションがあります:

     -a authmode
             このオプションは、どのモードが認証に使われるかを指定するために用
             いられます。このオプションは、 telnetd が AUTHENTICATION オプショ
             ンをサポートする設定で構築された場合においてのみ役に立つことに注
             意して下さい。以下に示すようないくつかの authmode があります:

             debug  認証のデバッグコードを有効にします。

             user   リモートユーザは、自分自身であること示すための有効な認証情
                    報を提供した時にのみ接続が許可されます。この場合、指定され
                    たアカウントに対しては、パスワードの提供なしに接続が許可さ
                    れます。

             valid  リモートユーザが自分自身であることを示すための有効な認証情
                    報を提供した時にのみ接続が許可されます。リモートユーザが指
                    定されたアカウントに対する自動的な接続が許可されていなけれ
                    ば login(1) コマンドは、必要となるユーザ認証を実施します。

             other  ある種の認証情報を提供した場合のみ接続を許可します。現在こ
                    のオプションはすべての認証方法でサポートされていないため
                    -a valid オプションを指定した時と同じ動作をします。

             none   デフォルトではこの状態です。認証情報は要求されません。もし
                    認証情報がなかったり不十分であれば、 login(1) プログラムに
                    よって必要となるユーザ認証を実施します。

             off    認証コードを無効にします。すべてのユーザ証明が login(1) プ
                    ログラムによって行われます。

     -B      bftp サーバモードを指定します。このモードでは、 telnetd は、ユー
             ザの通常のシェルの代りに bftp(1) セッションをログインに開始させま
             す。 bftp デーモンモードでは、通常のログインはサポートされませ
             ん。これは、通常の TELNET ポート以外のポートで使用される必要があ
             ります。

     -D debugmode
             このモードはデバックのために用いられます。これによって telnetd が
             デバッグ情報を表示し、ユーザは telnetd が何をしているのかを見るこ

     -debug  telnetd によって作られたソケットについてのデバッグを可能にします
             ( socket(2) の SO_DEBUG 参照)。

     -edebug
             telnetd がデータの暗号化をサポートする設定で構築されている場合
             に、 -edebug オプションは、暗号化デバッグコードを有効にするために
             使われます。

     -p loginprog
             ログインを完了する際に実行されるコマンドとして login(1) 以外のコ
             マンドを指定します。指定されたコマンドは通常の login と同じ引数を
             解釈できる必要があります。

     -h      ログインが完了するまでホストに特有の情報を表示しないようにしま
             す。

     -I initid
             このオプションは、バージョン 7.0 以前の UNICOS システムでのみ有効
             です。 init がログインセッションを開始したときに、 /etc/inittab
             から ID を特定します。デフォルトの ID は fe です。

     -k      このオプションは、 telnetd が linemode と kludge linemode をサポ
             ートする設定で構築されているときにのみ有効です。 -k オプションが
             指定されている場合で、もしリモートのクライアントが LINEMODE オプ
             ションをサポートしていなければ、 telnetd は、 character at a time
             mode で動きます。この様な状態でも kludge linemode をサポートしま
             すが、リモートのクライアントが要求した場合のみ kludge linemode に
             なります (これは、クライアントが DONT SUPPRESS-GO-AHEAD と DONT
             ECHO を送信することによって行われます)。 -k オプションは kludge
             linemode をサポートしていないリモートクライアントがあるが、(もし
             クライアントが DO TIMING-MARK に対して WILL TIMING-MARK を応答す
             る事で) 自己発見的に kludge linemode をサポートすると認められる様
             な場合にとても便利です。

     -l      line mode を指定します。クライアントを強制的に line-at-a-time
             mode になるよう試みます。もし LINEMODE オプションがサポートされて
             なければ、kludge linemode になります。

     -n      TCP keep-alives を行いません。通常、 telnetd は TCP keep-alive を
             有効にしています。なぜなら、クラッシュしたり、すでに接続出来ない
             ようなマシンからのアイドルコネクションを解消するために、ある期間
             アイドルだった場合にクライアントとの接続がまだ存在するかどうかを
             調べる必要があるからです。

     -r lowpty-highpty
             このオプションは、 telnetd が UNICOS 用に構築されている場合にのみ
             有効です。使用する仮想端末デバイスの包括的な範囲を指定します。シ
             ステムが sysconf 変数 _SC_CRAY_NPTY を使用するように設定されてい
             る場合、デフォルトでの pty の検索範囲は 0から _SC_CRAY_NPTY まで
             になります。そうでなければ、デフォルトでの検索範囲は 0 から 128
             になります。検索範囲のどちらか一方だけを変更したい場合は、 lowpty

     -u len  このオプションは、リモートホスト名を保持している utmp 構造体の
             フィールドの大きさを指定するために使われます。もし解決されたホス
             ト名が len よりも長ければ、ホスト名の代わりにドットで区切られたア
             ドレスが使われます。これによりフィールドを超えるようなとても長い
             ホスト名を一意に特定できるようにします。 -u0 を指定することによっ
             て、ドットで区切られたアドレスだけが utmp ファイルに書き込まれる
             ようにします。

     -U      このオプションは telnetd が、 gethostbyaddr(3) ルーチンを通してシ
             ンボルでの名前にマップされないようなアドレスからのコネクションを
             拒絶するようにします。

     -X authtype
             このオプションは telnetd が認証オプションをサポートする設定で構築
             されたときにのみ有効です。 authtype 認証を使用不能にし、 telnetd
             を再コンパイルすることなしに特定の認証タイプを一時的に使用不能に
             する事が出来ます。

     telnetd は仮想端末デバイス ( pty(4) 参照) をクライアントに割り当てます。
     そして、 stdin, stdout, stderr として仮想端末のスレーブ側を使用する login
     プロセスを生成します。 telnetd は、 TELNET プロトコルを実装し、リモートク
     ライアントと login プロセスとの間のキャラクタを通過させることにより、仮想
     端末のマスター側を操作します。

     TELNET セッションが開始されると telnetd は以下の TELNET オプションをクラ
     イアント側に送信して、これらの TELNET オプションの使用を希望している事を
     伝えます。これらのオプションの詳細はついては以下に説明されています。

           DO AUTHENTICATION
           WILL ENCRYPT
           DO TERMINAL TYPE
           DO TSPEED
           DO XDISPLOC
           DO NEW-ENVIRON
           DO ENVIRON
           WILL SUPPRESS GO AHEAD
           DO ECHO
           DO LINEMODE
           DO NAWS
           WILL STATUS
           DO LFLOW
           DO TIMING-MARK

     クライアントに割り当てられた仮想端末は、 ``cooked'' モードで動作し、
     XTABS と CRMOD ( tty(4) 参照) が有効な状態で操作するように設定されます。

     telnetd は、ローカル側で有効な以下に示す TELNET オプションをサポートして
     います:

     WILL ECHO          LINEMODE オプションが設定されている時に端末エコーの現
                        在の状態を示すためにクライアントに WILL ECHO あるいは
                        WONT ECHO が送信されます。端末エコーが不要な場合は、

     WILL STATUS        クライアントから要求があった時に、全ての TELNET オプ
                        ションの現在の状況を送信するように指定します。

     WILL TIMING-MARK   DO TIMING-MARK コマンドが受信された場合に、常にそれに
                        対して WILL TIMING-MARK を返答します。

     WILL LOGOUT        DO LOGOUT が受信されると WILL LOGOUT を返答し、 TELNET
                        セッションはシャットダウンされます。

     WILL ENCRYPT       telnetd がデータの暗号化をサポートする設定で構築された
                        場合のみ送信され、データ列に対して暗号を復号するように
                        指定します。

     telnetd はリモート側で有効な以下に示す TELNET オプションをサポートしてい
     ます:

     DO BINARY          telnetd が 8 ビットのデータ列を受信するように指定しま
                        す。

     DO LFLOW           クライアントがフロー制御文字をリモート側で処理するよう
                        に指定します。

     DO ECHO            このコマンドは実際にはサポートされませんが、クライアン
                        トが 4.2BSD telnet(1) クライアント ( WILL ECHO に正し
                        く応答しない) であるかを判断するために送信されます。も
                        し、 WILL ECHO が受信された場合は、それに対して DONT
                        ECHO が送信されます。

     DO TERMINAL-TYPE   接続のクライアント側に割り当てられた端末タイプの名前を
                        要求できるように指定します。

     DO SGA             IAC GA すなわち go ahead コマンドを受信する必要がない
                        ように指定します。

     DO NAWS            ウィンドウ (ディスプレイ) のサイズが変わった場合に、ク
                        ライアントがそれをサーバに知らせる事を要求します。

     DO TERMINAL-SPEED  クライアントに割り当てられたシリアルラインの速度に関す
                        る情報を要求できるように指定します。

     DO XDISPLOC        telnet クライアントが使用している X ウィンドウのディス
                        プレイの名前を要求できるように指定します。

     DO NEW-ENVIRON     RFC 1572 に示されている環境変数に関する情報を要求でき
                        るように指定します。

     DO ENVIRON         RFC 1408 に示されている環境変数に関する情報を要求でき
                        るように指定します。

     DO LINEMODE        telnetd が linemode をサポートする設定で構築された場合
                        のみ送信され、クライアントに行単位の処理を行う事を要求
                        します。
                        指定します。


     デフォルトでは、 telnetd/etc/gettytab から he, hn, im のケーパビリ
     ティを読み、(存在するならば) この情報を使用して login: プロンプトの前に何
     を表示すべきかを決定します。 im ケーパビリティに優先する if ケーパビリ
     ティを使用して、System V スタイルの /etc/issue ファイルを使うこともできま
     す。 im または if に指定される情報は、コンソールとリモートログインの両方
     で表示されます。


ファイル

     /etc/services
     /etc/inittab   (UNICOS システムのみ)
     /etc/iptos     (サポートされている場合)
     /usr/ucb/bftp  (サポートされている場合)


関連項目

     bftp(1), login(1), telnet(1) (サポートされている場合)


標準

     RFC-854   TELNET PROTOCOL SPECIFICATION
     RFC-855   TELNET OPTION SPECIFICATIONS
     RFC-856   TELNET BINARY TRANSMISSION
     RFC-857   TELNET ECHO OPTION
     RFC-858   TELNET SUPPRESS GO AHEAD OPTION
     RFC-859   TELNET STATUS OPTION
     RFC-860   TELNET TIMING MARK OPTION
     RFC-861   TELNET EXTENDED OPTIONS - LIST OPTION
     RFC-885   TELNET END OF RECORD OPTION
     RFC-1073  Telnet Window Size Option
     RFC-1079  Telnet Terminal Speed Option
     RFC-1091  Telnet Terminal-Type Option
     RFC-1096  Telnet X Display Location Option
     RFC-1123  Requirements for Internet Hosts -- Application and Support
     RFC-1184  Telnet Linemode Option
     RFC-1372  Telnet Remote Flow Control Option
     RFC-1416  Telnet Authentication Option
     RFC-1411  Telnet Authentication: Kerberos Version 4
     RFC-1412  Telnet Authentication: SPX
     RFC-1571  Telnet Environment Option Interoperability Issues
     RFC-1572  Telnet Environment Option


バグ

     いくつかの TELNET コマンドは部分的にしか実装されていまいません。

     オリジナルの 4.2BSD の telnet(1) のバグに対処するため、 telnetd は、ある
     種のあいまいなプロトコル変換を行うことにより、リモートクライアントが実際
     に 4.2BSD の telnet(1) であるかどうかを判断しようとします。

     バイナリモードはよく似たオペレーティングシステム (この場合 Unix) 間以外で
     は互換性がありません。


ABELNET VPSサービス