tcpdchk(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

tcpdchk

前のページ 上に戻る 次のページ

tcpdchk



書式

       tcpdchk [-a] [-d] [-i inet_conf] [-v]


解説

       tcpdchk は、tcp ラッパの設定を検査し、潜在的な問題と実際の
       問題で発見したものをすべて報告します。こ の プ ロ グ ラ ム
       は、tcpd   の ア ク セ ス 制 御 ファ イ ル (デフォルトでは
       /etc/hosts.allow/etc/hosts.deny です) を検査し、これら
       の ファイルのエントリと inetd または tlid のネットワーク制
       御ファイルのエントリとを比較します。

       tcpdchk が報告する問題は次のようなものです: 存在しないパス
       名;  tcpd のアクセス制御ルールには存在するものの、 tcpd の
       制御下にないサービス; ラッパで包まれてはならないサービ ス;
       存在しないホスト名や非インターネットアドレス形式; 正式なホ
       スト名の代わりの、ホストの別名の使用; 名前/アドレスに衝 突
       が あ る ホスト; ワイルドカードパターンの不適切な使用; NIS
       netgroup の不適切な使用や、存在しない NIS netgroup の参照;
       存 在 しないオプションの参照; オプションへの不正な引数; な
       ど。

       可能であれば 、問題解決の助けとなる提案を tcpdchk は提供し
       ます。


オプション

       -a     明示的な ALLOW キーワード無しにアクセスを許可される
              アクセス制御ルールを報告します。これがあてはまる の
              は、 拡張制御言語が有効なとき (-DPROCESS_OPTIONS 付
              きで構築されたとき) だけです。

       -d     デフォルトのものでなく、カレントディレクトリの ファ
              イル hosts.allowhosts.deny を検査します。

       -i inet_conf
              inetd.conftlid.conf のネットワーク設定ファイル
              を tcpdchk が見付けられないときか、誤ったものを使っ
              て いる疑いがあるときに、このオプションを使用してく
              ださい。

       -v     各アクセス制御ルールの内容を表示します。デーモン の
              リ スト、クライアントのリスト、シェルコマンド、オプ
              ションを、清書して表示します; これにより、あなた の
              期 待したものとプログラムが解釈したものとの間の食い
              違いを、容易に発見できるようにします。


関連ファイル

       tcpd のアクセス制御表の、デフォルトの置場は次の通りです:

       /etc/hosts.allow
       /etc/hosts.deny


関連項目



                                                       TCPDCHK(8)

ABELNET VPSサービス