talkd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

talkd

前のページ 上に戻る 次のページ

talkd




解説

     talkd は、他のユーザの会話要求を、ユーザに通知するサーバです。会話をした
     い複数のクライアントからの要求に応答する、いわば招待状の貯蔵庫として機能
     します。通常の操作では、呼び出し元のクライアントは、サーバにメッセージタ
     イプが LOOK_UP (<protocols/talkd.h> 参照) である CTL_MSG 構造体のメッセー
     ジを送って、接続の初期化を行います。すると、サーバはすでに呼び出しが行わ
     れているかどうか内部テーブルを検索します (相手はメッセージのなかで指定さ
     れています)。

     検索に失敗すると、クライアントは ANNOUNCE メッセージを送り、サーバに呼び
     出す相手のログイン端末に通知をブロードキャストさせて接続要求を行います。

     相手が応答すると、ローカルのサーバは内部テーブルの記録を用いて適切なアド
     レスで接続を行い、呼び出し側と呼び出された側との間にストリーム型の接続を
     確立して、そこで会話が行えるようにします。


関連項目

     talk(1), write(1)


歴史

     talkd コマンドは 4.3BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                    December 11, 1993                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス