syslogd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

syslogd

前のページ 上に戻る 次のページ

syslogd


             [-m mark_interval] [-p log_socket] [-P pid_file] [-l path]


解説

     syslogd デーモンは設定ファイルに指定された通りに、システムコンソール、ロ
     グファイル、他のマシンやユーザへのメッセージを読み込み、記録します。

     オプションには以下のものがあります。

     -4      syslogd が IPv4 アドレスのみを使用するよう、強制します。

     -6      syslogd が IPv6 アドレスのみを使用するよう、強制します。

     -A      ホストが複数の A または AAAA レコードを持っている場合でも、
             syslogd はメッセージを単一のアドレスにのみ送信しようとします。本
             オプションが指定されると、 syslogd はメッセージをすべてのアドレス
             に送信しようとします。

     -a allowed_peer
             allowed_peer がこの syslogd に UDP データグラムを使用してログする
             ことを許します。複数の -a オプションを指定可能です。

             allowed_peer は以下のいずれかです:

             ipaddr/masklen[:service]    ipaddr (通常のドット表記の 4 つ組) か
                                         らのデータグラムを受け付けます。アド
                                         レス比較の際、 masklen ビットを考慮し
                                         ます。アドレスを `[' と `]' で括るこ
                                         とで、 ipaddr に IPv6 アドレスを指定
                                         可能です。 service が指定された場合、
                                         パケット送出元が属すべき UDP service
                                         の名前もしくは番号となります (
                                         services(5) 参照)。 service に `*' を
                                         指定すると、全ての UDP ポートから送信
                                         されたパケットを受け付けます。デフォ
                                         ルトの service は `syslog' です。
                                         ipaddr が IPv4 アドレスの場合で
                                         masklen を指定しないと、 ipaddr がク
                                         ラス A もしくは B のアドレス範囲に属
                                         す場合にはそれぞれ歴史的なクラス A も
                                         しくは B のネットマスクが使用され、そ
                                         うでない場合には 24 が使用されます。
                                         ipaddr が IPv6 アドレスの場合で
                                         masklen を指定しないと、 masklen は
                                         128 が用いられます。

             domainname[:service]        送信アドレスのアドレス逆引きにおいて
                                         domainname が得られたデータグラムを受
                                         け付けます。 service の意味は前述の通
                                         りです。

             *domainname[:service]       上述の通りですが、送信ホスト名が
                                         domainname で 終る全てのホストから受

     -m      ``mark'' されたメッセージの間隔を分単位で指定します。デフォルトは
             20 分です。

     -n      すべての要求に対し、DNS への問い合わせを抑止します。

     -p      代りに使用するログ用ソケットのパス名を指定します。デフォルトは
             /var/run/log です。

     -P      プロセス ID を格納するための別のファイルを指定します。デフォルト
             は /var/run/syslog.pid です。

     -l      syslogd が追加のログ用ソケットを置く場所を指定します。 19 個まで
             追加のログ用ソケットを指定可能です。主な用法は、様々に chroot し
             たファイル空間において追加のログ用ソケットを /var/run/log に置く
             というものです。

     -s      セキュアモードで操作します。リモートマシンからのログメッセージを
             ログしません。 2 度指定すると、ネットワークソケットを全くオープン
             せず、またリモートマシンへのログ動作も無効にします。

     -u      ただ 1 つの優先度のログのみ行います。指定した優先度のメッセージの
             みログします。このオプションを指定しないと、指定した優先度以上の
             メッセージがログされます。このオプションにより、デフォルトの比較
             を ``=>'' から ``='' に変更します。

     -v      冗長なログを行います。1 度指定すると、ローカルに書き込まれたメッ
             セージと共に、ファシリティと優先度が数値でログされます。複数回指
             定すると、ローカルに書き込まれたメッセージと共に、ファシリティと
             優先度が名前でログされます。

     syslogd デーモンは起動時と hangup シグナルを受けとった時はいつでも設定
     ファイルを読み込みます。設定ファイルのフォーマットに関する情報は、
     syslog.conf(5) 参照して下さい。

     syslogd デーモンは UNIX ドメインソケット /var/run/log/etc/services で
     指定されるインターネットドメインソケットおよび特殊デバイス /dev/klog (カ
     ーネルメッセージを読むため) からメッセージを読み込みます。

     syslogd デーモンはプロセス ID ファイル、デフォルトでは
     /var/run/syslog.pid を作成し、ここにプロセス ID を記録します。これは
     syslogd を kill や、設定ファイルを読み込ませるために使えます。

     syslogd に送られるメッセージは単一の行で構成されます。このメッセージは先
     頭に優先順位コードを含んでいます。このコードは `<5>' のように括弧でくくら
     れた 10 進数から構成されており、インクルードファイル <sys/syslog.h> で定
     義されている優先順位に対応します。

     セキュリティ上の理由から、 syslogd は存在しないログファイルへ追加書き込み
     しません。 syslogd の起動前に手動で作成する必要があります。


関連ファイル

     /etc/syslog.conf     コンフィギュレーションファイル
     クを溢れさせるリモートサービスと等価であり、恐らくデフォルトで無効にされ
     るべきです。ある種の syslogd 間の認証メカニズムが用意されるべきでしょう。
     最悪の無駄遣いを避けるために、 -a オプションの使用を強く勧めます。

     -a のマッチングアルゴリズムは非常に効率的には見えません; ドメイン名比較よ
     り、数値による IP アドレスを使用する方が高速です。許可されたピアのリスト
     の検索は線型に行なわれるため、多くのメッセージを受け付けると予測されるピ
     アグループは -a リストの最初の方に置くべきです。

     ログ用ソケットは読み込み専用のルートファイルシステムの扱いを容易にするた
     めに /dev から移されました。このことは古いバイナリを混乱させるかもしれな
     いので、過渡期の間はシンボリックリンクが役に立つでしょう。

FreeBSD 4.4                    October 12, 1995                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス