sysinstall(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sysinstall

前のページ 上に戻る 次のページ

sysinstall




解説

     sysinstall は、 FreeBSD システムのインストールと設定のためのユーティリ
     ティです。これは FreeBSD インストーラのブートフロッピが最初に起動するプロ
     グラムであり、新規に FreeBSD システムがインストールされた時には
     /stand/sysinstall に、後のシステム設定で使用するためにコピーされます。

     この sysinstall プログラムは、引数なしで起動された場合には既定のモードで
     動作します。このモードでは、インストール及び設定のためのメニューが存在し
     ます。

     しかし sysinstall のサブシステムを直接起動する必要がある場合には、コマン
     ドラインからそれを指定することもできます。インストールスクリプトを実行す
     ることとコマンドラインからの指定はまったく同じことなので、スクリプトの作
     成に関するセクションに目を通しておくと良いでしょう。


     sysinstall は、 libdisk(3) の機能を用いて MBR やディスクラベルを書くこと
     と、新規および既存の FreeBSD システムに、配布ファイルや package (訳注:
     FreeBSD の package system におけるパッケージを指す場合にこう表記します)
     をインストールすることができるモノリシックな C プログラムに過ぎません。ま
     た、このプログラムは FreeBSD インストールのための起動処理の中で実行された
     ときのために、 init(8) の代用として動作するための機能も併せ持っています。
     これは自分以外のユーティリティのサポートがほとんどないと仮定し、ファイル
     システム操作のほとんどを、(たとえば mount(2) のような) ユーティリティに相
     当するシステムコールを直接呼び出すことによって行ないます。

     sysinstall は現在のところ、システムコンソールや、カラー表示をサポートした
     端末エミュレータで起動した場合に単純な ANSI ライングラフィックスや色を
     使った操作を実現するために dialog(3) を使用しています (xterm の新しいバー
     ジョンでは、temcap の ``xterm-color'' エントリを使用することでカラー表示
     をサポートします)。

     このプログラムはそろそろライフサイクルの終わりに来ており、新しいものに
     よって置き換えられるかもしれません。


スクリプトの実行

     sysinstall は、そのさまざまなメニューを通じ対話的に操作することもできます
     し、外部のスクリプトによってバッチモードで動作させることもできます。この
     ようなスクリプトを読み込んで実行する方法には以下の 3 通りがあります:

     LOAD_CONFIG_FILE
             もし sysinstall が、環境変数 (または Makefile 中に) LOAD_CON-
             FIG_FILE に何らかの値がセットされた状態でコンパイルされていれば、
             sysinstall が非対話的なモードで起動された際に自動的に探して読み込
             むファイル名としてその値が用いられます。このオプションは、大きな
             サイトにおいて、ほぼ同じ設定とインストールオプションで、ひとつの
             雛型に基づき多数のマシンにインストールしたい場合のためのもので
             す。

     B>メB>イB>ンB>メB>ニB>ュB>ー
             sysinstall が対話的に起動された場合、すなわち既定の方法で起動され

             は、 sysinstall を、インストールメディア FTP (サーバは `ziggy')
             で初期化し、続いて package インストールエディタを起動し、それが終
             わると終了します。


スクリプトの文法

     スクリプトはひとつ以上の指示のリストです。それぞれの指示は以下の形をとり
     ます。

     var=value

     function

     #somecomment

     var=value は、たとえば "ftpPass=FuNkYChiKn" のような、 sysinstall の内部
     変数の設定です。また、 function は、"mediaSetFTP" のような sysinstall の
     内部関数の名称であり、 #comment はドキュメンテーションのために挿入する一
     行のコメントです (sysinstall はこれを無視します)。それぞれの指示は一行に
     ひとつずつ書かれなければなりません。関数は、既知の変数名を調べることで、
     その引数を得ます。したがって、ある変数を必要とする関数を呼び出す前には、
     関連する変数を予め設定しておく必要があります。

     各ディレクティブの前に noError 変数を設定しておくことが可能です。これによ
     り、ディレクティブ自身は無視されるような場合においても、エラーを検知可能
     とします。 noError の値は、ディレクティブが処理されるたび自動的に、デフォ
     ルトの "未設定" に戻ります。

     いつどの関数が、どの変数に依存するかを、下の表に示します。

     B>関B>数B>一B>覧:

     configAnonFTP
             匿名 FTP の設定メニューを起動します。

             B>変B>数: 無し

     configRouter
             使用したいルーティングデーモンを選択します。必要ならサードパー
             ティのものを使用することもできます。

             B>変B>数:

             router  これには、たとえば ``routed'' や ``gated'' のように、希望
                     するルーティングデーモンの名前を設定します。設定されてい
                     なければ入力を求められます。

     configNFSServer
             ホストを NFS サーバとして設定します。

             B>変B>数: なし

             pcnfsd_pkg
                     必要ならば PCNFSD の package 名を設定します (既定値として
                     ハードコードされたものが使用されます)。

     configPackages
             対話的な package 管理画面を起動します。

             B>変B>数: なし

     configUsers
             システムにユーザやグループを追加します。

             B>変B>数: なし

     configXEnvironment
             X ウィンドウシステムの設定を行います。

             B>変B>数: なし

     diskPartitionEditor
             ディスクパーティション (MBR) エディタを起動します。

             B>変B>数:

             geometry
                    シリンダ数/ヘッド数/セクタ数の形式で書かれたディスクジオメ
                    トリを設定します。既定値: ジオメトリを変更しません。

             partition
                    ディスクパーティションのタイプやサイズを設定します。この値
                    が free であれば、 FreeBSD のために使用可能な空き領域のみ
                    を使用します。 all であれば、ディスク全体を FreeBSD に割り
                    当てますが、正しいパーティションテーブルを作成します。
                    existing であれば、既存の FreeBSD パーティションのうち、最
                    初に見つかったものを使用します。 exclusive であれば、ディ
                    スクを、 ``危険な方法で専用化された'' モードで使用します。
                    最後に、 somenumber であれば、空き領域のうちの somenumber
                    ブロックを新規の FreeBSD パーティションのために使用しま
                    す。既定値: 対話モードで起動します。

             bootManager
                    は、次のどれかから選択する必要があります。 boot は、ブート
                    マネージャのインストールを指示します。 standard は、ブート
                    マネージャでない「標準の」DOS MBRのインストールを指示しま
                    す。 none は、ブートマネージャに対して何の操作も行わないこ
                    とを指示します。既定値: none です。

             注意: この関数では実際のディスクへの書き込みは行われません。実際
             に書き込みを行うためには、 diskPartitionWrite 操作を行う必要があ
             ります。

     diskPartitionWrite
             ことをお勧めします。

             例えば、SCSI ディスクがあり、そのスライス 2 に FreeBSD を作成した
             とします (DOS パーティションはスライス 1 にあるとします)。
             FreeBSD 全体のスライス名は da0s2 になります (DOS プライマリパー
             ティションは da0s1 となります)。更に、このパーティションに 500MB
             あり、この空間をルートとスワップと var と usr のファイルシステム
             に更に分割すると仮定します。 diskLabelEditor 関数呼び出しには、次
             の変数設定が伴うでしょう:

             da0s2-1=ufs 40960 /
                    20MB ルートファイルシステム (すべての大きさは 512 バイトブ
                    ロック数)。

             da0s2-2=swap 131072 /
                    64MB スワップパーティション。

             da0s2-3=ufs 204800 /var
                    100MB /var ファイルシステム。

             da0s2-4=ufs 0 /usr 1
                    空き空間の残り (約 316MB) が /usr ファイルシステムでソフト
                    アップデートを有効にします (マウントポイント後の非 0 引数
                    は、ソフトアップデートフラグ設定を意味します)。

             新規パーティションを作成するのと同様に、既存のパーティションのマ
             ウントや消去に、 diskLabelEditor を使用可能です。前の例の、DOS パ
             ーティションをマウントし、これに対応する /etc/fstab エントリを、
             新規インストールにおいて作成したいとします。 diskLabelEditor 関数
             の呼び出し前に、次の追加行を単に足せば良いです:

                   da0s1=/dos_c N

             これは、最初のスライスを /dos_c にマウントしてこれを newfs しない
             よう、ラベルエディタに指示します ( sysinstall は DOS パーティショ
             ンに対しては如何なる場合でも newfs を実行しません。既存の UFS パ
             ーティションに対しても、ここに名前を書くことで実行できます。 2 番
             目のフィールドは省略不可です)。

             注: diskLabelCommit が呼び出される前は、ファイルシステムデータは
             実際にディスクに書き込まれません。

     diskLabelCommit
             設定した、待ち状態であるディスクラベル情報をすべて書き込み、
             diskLabelEditor でマウントを設定したすべてのファイルシステムをマ
             ウントします。

             B>変B>数: なし

     distReset
             選択した配布ファイルのセットをリセットして、何も選択していない状
             態にします。
                     doc       様々な文書

                     games     ゲーム

                     manpages  フォーマット前のマニュアルページ

                     catpages  フォーマット済のマニュアルページ

                     proflibs  開発者のためのプロファイルされたライブラリ

                     dict      スペルチェックなどのツールのための辞書情報

                     info      GNU info ファイルとその他の追加文書

                     crypto    暗号化のためのバイナリとライブラリ

                     compat1x  FreeBSD 1.x との互換性

                     compat20  FreeBSD 2.0 との互換性

                     compat21  FreeBSD 2.1 との互換性

                     compat22  FreeBSD 2.2 及び FreeBSD 3.0 の a.out バイナリ
                               互換性

                     compat3x  FreeBSD 3.x との互換性 ( FreeBSD 4.0 でのみ利用
                               可能)

                     compat4x  FreeBSD 4.x との互換性 (初期の FreeBSD 4.x リリ
                               ースでのみ利用可能)

                     ports     ports コレクション

                     krb4      KerberosIV バイナリ

                     krb5      Kerberos5 バイナリ

                     ssecure   /usr/src/secure

                     sbase     /usr/src/(トップレベルファイル)

                     scontrib  /usr/src/contrib

                     sgnu      /usr/src/gnu

                     setc      /usr/src/etc

                     sgames    /usr/src/games

                     sinclude  /usr/src/include

                     slib      /usr/src/lib

                     susbin    /usr/src/usr.sbin

                     ssmailcf  /usr/src/usr.sbin/sendmail/cf

                     XF86-xc   XFree86 の公式なソース

                     XF86-co   XFree86 に寄贈されたソース

                     Xbin      XFree86 3.3.6 バイナリ

                     Xcfg      XFree86 3.3.6 設定ファイル

                     Xdoc      XFree86 3.3.6 に関する文書

                     Xhtml     XFree86 3.3.6 に関する HTML 文書

                     Xlib      XFree86 3.3.6 ライブラリ

                     Xlk98     XFree86 3.3.6 PC98 向けサーバリンクキット

                     Xlkit     XFree86 3.3.6 一般向けサーバリンクキット

                     Xman      XFree86 3.3.6 マニュアルページ

                     Xprog     XFree86 3.3.6 開発者向け配布物

                     Xps       XFree86 3.3.6 に関する postscript 文書

                     Xset      XFree86 3.3.6 グラフィカルセットアップツール

                     PC98-Servers/X9480
                               XFree86 3.3.6 PC98 8-bit (256 色) PEGC-480 サー
                               バ

                     PC98-Servers/X9EGC
                               XFree86 3.3.6 PC98 4-bit (16 色) EGC サーバ

                     PC98-Servers/X9GA9
                               XFree86 3.3.6 PC98 GA-968V4/PCI (S3 968) サーバ

                     PC98-Servers/X9GAN
                               XFree86 3.3.6 PC98 GANB-WAP (cirrus) サーバ

                     PC98-Servers/X9LPW
                               XFree86 3.3.6 PC98 PowerWindowLB (S3) サーバ

                     PC98-Servers/X9MGA
                               [記述無し]

                     PC98-Servers/X9NKV
                               XFree86 3.3.6 PC98 NKV-NEC (cirrus) サーバ
                               XFree86 3.3.6 PC98 WAB-EP (cirrus) サーバ

                     PC98-Servers/X9WS
                               XFree86 3.3.6 PC98 WABS (cirrus) サーバ

                     PC98-Servers/X9WSN
                               XFree86 3.3.6 PC98 WSN-A2F (cirrus) サーバ

                     Servers/X3DL
                               XFree86 3.3.6 3D Labs サーバ

                     Servers/X8514
                               XFree86 3.3.6 8514 サーバ

                     Servers/XAGX
                               XFree86 3.3.6 8 ビット AGX サーバ

                     Servers/XI128
                               XFree86 3.3.6 #9 Imagine I128 サーバ

                     Servers/XMa8
                               XFree86 3.3.6 ATI Mach8 サーバ

                     Servers/XMa32
                               XFree86 3.3.6 ATI Mach32 サーバ

                     Servers/XMa64
                               XFree86 3.3.6 ATI Mach64 サーバ

                     Servers/XMono
                               XFree86 3.3.6 monochrome サーバ

                     Servers/XP9K
                               XFree86 3.3.6 P9000 サーバ

                     Servers/XS3
                               XFree86 3.3.6 S3 サーバ

                     Servers/XS3V
                               XFree86 3.3.6 S3 Virge サーバ

                     Servers/XSVGA
                               XFree86 3.3.6 SVGA サーバ

                     Servers/XVG16
                               XFree86 3.3.6 VGA16 サーバ

                     Servers/XW32
                               XFree86 3.3.6 ET4000/W32, /W32i, /W32p サーバ

                     Servers/XTGA
                               TGA カード用サーバ (alpha アーキテクチャのみ)

                     Xfnon     XFree86 3.3.6 非英語フォントセット。

                     Xfsrv     XFree86 3.3.6 フォントサーバ。

     distSetDeveloper
             標準開発者配布セットを選択します。

             B>変B>数: 無し

     distSetXDeveloper
             標準 X 開発者配布セットを選択します。

             B>変B>数: 無し

     distSetKernDeveloper
             標準カーネル開発者配布セットを選択します。

             B>変B>数: 無し

     distSetUser
             標準ユーザ配布セットを選択します。

             B>変B>数: 無し

     distSetXUser
             標準 X ユーザ配布セットを選択します。

             B>変B>数: 無し

     distSetMinimum
             最小配布セットを選択します。

             B>変B>数: 無し

     distSetEverything
             全部、つまり利用可能な配布すべてを選択します。

             B>変B>数: 無し

     distSetCRYPTO
             暗号化のパーツ群を、対話的に選択します。

             B>変B>数: 無し

     distSetSrc
             ソースのパーツ群を、対話的に選択します。

             B>変B>数: 無し

     distSetXF86
             XFree86 3.3.6 のパーツ群を、対話的に選択します。

             browserPackage
                     必要に応じてインストールを試みる、ブラウザの package 名で
                     す。デフォルトは最新の lynx package です。

             browserBinary
                     ブラウザバイナリ自身の名前です ( browserPackage 変数に優
                     先させる場合)。デフォルトは lynx です。

     installCommit
             ディスクに対する待ち状態の変更を、すべて実施します。この関数は、
             本質的に、細粒度の "実施" 関数をまとめたものです。

             B>変B>数: 無し

     installExpress
             「高速」インストールを開始します。ユーザへの質問は少数です。

             B>変B>数: 無し

     installStandard
             「標準」インストールを開始します。利用可能なインストールタイプ中
             で、最もユーザフレンドリです。

             B>変B>数: 無し

     installUpgrade
             アップグレードインストールを開始します。

             B>変B>数: 無し

     installFixitHoloShell
             init として起動している場合、「緊急ホログラフィックシェル」を
             VTY4 で起動します。 noHoloShell を設定しない限りにおいては、これ
             はインストール処理の一部として自動的に実施されます。

             B>変B>数: 無し

     installFixitCDROM
             "fixit" モードに入ります。ライブファイルシステム CDROM がドライブ
             にあるものと仮定します。

             B>変B>数: 無し

     installFixitFloppy
             "fixit" モードに入ります。 fixit フロッピディスクが利用可能と仮定
             します (ユーザは問い合わせを受けます)。

             B>変B>数: 無し

     installFilesystems
             インストールのファイルシステム初期化部分のみを実行します。
                     ロードするファイルの完全な形でのパス名です。

     mediaSetCDROM
             インストールメディアとして FreeBSD CDROM を選択します。

             B>変B>数: 無し

     mediaSetFloppy
             インストールメディアとして作成済フロッピインストールセットを選択
             します。

             B>変B>数: 無し

     mediaSetDOS
             インストールメディアとして既存の DOS プライマリパーティションを選
             択します。最初に見付かるプライマリパーティション (例 C:) を使用し
             ます。

             B>変B>数: 無し

     mediaSetTape
             インストールメディアとしてテープデバイスを使用します。

             B>変B>数: 無し

     mediaSetFTP
             インストールメディアとして FTP サイトを使用します。

             B>変B>数:

             hostname
                     インストールされるホストの名前 (省略不可)。

             domainname
                     インストールされるホストのドメイン名 (省略不可)。

             defaultrouter
                     このホストのデフォルトルータ (省略不可)。

             netDev  どのホストインタフェースを使用するか (例えば ed0ep0
                     です。省略不可)。

             netInteractive
                     設定すると、関連するすべての設定変数を陶に設定していて
                     も、対話的なネットワーク設定フォームを起動します (省略
                     可)。

             ipaddr  選択したホストインタフェースの IP アドレス (省略不可)。

             netmask
                     選択したホストインタフェースのネットマスク (省略不可)。

             B>変B>数: mediaSetFTP と同様です。

     mediaSetHTTP
             mediaSetFTP と同様ですが、HTTP プロキシを使用します。

             B>変B>数: mediaSetFTP を参照してください。更に以下も使用します。

             _httpPath
                     使用するプロキシ (host:port) (省略不可)。

     mediaSetUFS
             インストールメディアとして、 (ラベルエディタでマウントされている)
             既存の UFS パーティションを選択します。

             B>変B>数:

             ufs     対象となる FreeBSD 配布を保持する、完全な /path 指定。

     mediaSetNFS

             B>変B>数:

             hostname
                     インストールされるホストの名前 (省略不可)。

             domainname
                     インストールされるホストのドメイン名 (省略不可)。

             defaultrouter
                     このホストのデフォルト経路 (省略不可)。

             netDev  どのホストインタフェースを使用するか (例えば ed0ep0
                     です。省略不可)。

             netInteractive
                     設定すると、関連するすべての設定変数を陶に設定していて
                     も、対話的なネットワーク設定フォームを起動します (省略
                     可)。

             ipaddr  選択したホストインタフェースの IP アドレス (省略不可)。

             netmask
                     選択したホストインタフェースのネットマスク (省略不可)。

             nfs     対象となる FreeBSD 配布を保持する、完全な hostname:/path
                     指定。

     mediaSetFTPUserPass

             B>変B>数:

             ftpUser

     mediaGetType
             対話的にユーザにメディアタイプの指定を求めます。

             B>変B>数: 無し

     optionsEditor
             オプション編集画面を起動します。

             B>変B>数: なし

     packageAdd
             package を取得してインストールしようと試みます (メディアが設定さ
             れている必要があります)。

             B>変B>数:

             package
                     bash-1.14.7 や ncftp-2.4.2 のようにインストールする pack-
                     age の名前を指定します。

     addGroup
             対話的なグループエディタを起動します。

             B>変B>数: なし

     addUser
             対話的なユーザエディタを起動します。

             B>変B>数: なし

     shutdown
             スクリプトの実行を停止して sysinstall を終了します。

             B>変B>数: なし

     system  system(3) を用いて外部コマンドを実行します。

             B>変B>数:

             command
                     実行するコマンドの名前。ブートフロッピから起動されている
                     場合は、システム全体がインストールされている場合と比較し
                     て使用できるものが大幅に限定されていることに注意してくだ
                     さい。


関連ファイル

     このユーティリティは /etc/rc.conf, /etc/hosts, /etc/resolv.conf の内容
     を、ネットワーク等の設定変更に応じて変更します。


関連項目

     十分に完全なソースツリーがオンライン上にあれば、サンプルのインストールス

ABELNET VPSサービス