sync(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sync

前のページ 上に戻る 次のページ

sync




解説

     reboot(8) または halt(8) を使わずにプロセッサを停止する場合、全てのディス
     ク書き込みが適切に完了することを保証するため、停止に先だって sync を呼ぶ
     ことができます。一般的には、システムをシャットダウンするには reboot(8) も
     しくは halt(8) を使うことが好ましいでしょう。なぜならこれらのプログラム
     は、最終的な sync を実行する前に、内蔵時計の再同期や内部キャッシュのフ
     ラッシュなどの追加動作を実行する場合があるからです。

     sync は、 sync(2) ファンクションコールを利用します。


関連項目

     fsync(2), sync(2), syncer(4), halt(8), reboot(8)


歴史

     sync コマンドは Version 6 AT&T UNIX から実装されました。

FreeBSD 4.4                      May 31, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス