swapon(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

swapon

前のページ 上に戻る 次のページ

swapon


     swapon special_file ...


解説

     swapon は、ページングやスワッピングを行うための追加デバイス指定にて使用し
     ます。システムは、ただ一つのデバイス上にページングやスワッピングして立ち
     上がるので、起動時にはただ一つのディスクを要求します。通常 swapon は、シ
     ステムのマルチユーザモードの初期化ファイル /etc/rc から起動され、全てのス
     ワップデバイスを有効にし、ページングとスワッピング動作を複数デバイスにイ
     ンタリーブします。

     通常は、最初の書式を使用します:

     -a      /etc/fstab で、``noauto'' オプションが設定されていない、 ``sw''
             と指定されているすべてのスワップデバイスを使用可能にします。

     二番目の書式は、システムスワップコンフィギュレーションテーブルに与えるよ
     うに、個々のブロックデバイスを指定します。これにより、システムは指定され
     たデバイスのみをスワップ空間として利用します。


関連項目

     swapon(2), fstab(5), init(8), pstat(8), rc(8), vnconfig(8)


関連ファイル

     /dev/{wd,da}?s?b  標準のページングデバイス
     /dev/vn0b         vnode ディスクページングデバイス
     /etc/fstab        ASCII 形式のファイルシステム記述テーブル
     /etc/vntab        ASCII 形式の vnode ファイルテーブル


バグ

     デバイスへのページングとスワッピングを停止する方法はありません。ですか
     ら、システム動作中にマウントされたデバイスのマウントを解除することは不可
     能です。


歴史

     swapon コマンドは 4.0BSD から登場しました。

4th Berkeley Distribution        June 5, 1993        4th Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス