swapfile(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

swapfile

前のページ 上に戻る 次のページ

swapfile


              [-S value] special_file [regular_file] [feature]
     vnconfig -a [-cdeguv] [-s option] [-r option] [-f config_file]


解説

     vnconfig コマンドは、vnode 疑似ディスクデバイスを構築して使用可能にしま
     す。コマンドの最初の書式では、特殊ファイル special_file を通常ファイル
     regular_file に結びつけ、後で通常ファイルをディスクであるかのようにアクセ
     スできるようにします。これによりファイルシステム中の通常ファイルを、ス
     ワップや、名前空間にマウントされるファイルシステムと出来ます。もしファイ
     ルの代わりにスワップ領域を使用したい場合には、 regular_fileを指定せずに
     -S オプションを用いてブロックデバイスの大きさを指定することができます。

     オプションは動作を指定します:

     -a      コマンドファイルを読み込み、各デバイス/ファイルの組に対して指定さ
             れた動作を実行します。

     -c      デバイスを構築します。成功すると、 special_file への参照は、
             regular_file の内容へのアクセスとなります。

     -d      指定した feature を (可能であれば) 無効にします。

     -e      デバイスを構築し、指定された feature を有効にします。 feature が
             指定されないと、 -e-c と同じ意味になります。

     -f config_file
             config_file を設定ファイルの代りに使用します。

     -g      global オプションを制御します。

     -r flag
             flag をリセットします。利用可能なフラグと意味は以下の通りです:

             labels  ディスク/スライスラベルを使用します。

             reserve
                     ファイルやスワップ領域をあらかじめ予約します。現在のとこ
                     ろスワップ領域のみ利用可能です。またこのオプションは (例
                     えば大きなファイルを削除した際のような) 内在する記憶領域
                     を on-the-fly で開放しないようにします。このオプションは
                     記憶領域中で長い間フラグメンテーションを発生させたくない
                     場合に使用してください。このオプションを使用した場合、記
                     憶領域の初期の値は必ずしも 0 でないことに注意してくださ
                     い。システムがスワップを割り当てる前に VN デバイスが設定
                     されていた場合、リブートされてもスワップを用いた VN の内
                     容を回復する事ができます。

             follow  vn(4) ドライバのフローをデバッグします。

             debug   vn(4) ドライバのデータをデバッグします。

             io      vn(4) ドライバの I/O をデバッグします。
             ションは VN が認識する通常ファイルのサイズを上書きします。

     -T      通常ファイルが指定された場合、 VN はまず ftruncate() によりファイ
             ルのサイズを 0 にします。通常 -S オプションによりファイルの大きさ
             を指定することができます。もしファイルが存在しない場合にはファイ
             ルが作成されます。このオプションは -S オプションが指定された時の
             み意味を持ちます。

     -Z      通常ファイルが指定された場合、 VN は確実にファイルシステムにより
             全てのブロックが確保させるためにファイルの内容を 0 に設定します。
             このオプションは -S オプションが指定された時のみ意味を持ちます。

     -u      デバイスを無効にし、``無構築状態'' にします。

     -v      実行される動作の内容を標準出力に表示します。

     動作を指定するオプションがない場合には、 -c が指定されたものと見なしま
     す。

     feature 引数は、 -e によって有効になる機能を指定します。

     swap    特殊ファイル上でのスワップを有効にします。 swapon(2) を参照してく
             ださい。

     mountro=mount_point
             特殊ファイルは、 mount_point へ読み込み専用マウントされます。
             mount(2) を参照してください。

     mountrw=mount_point
             特殊ファイルは、 mount_point へ読み書き可能マウントされます。
             mount(2) を参照してください。

     mount=mount_point
             ``mountrw='' と同じです。

     設定ファイルは、1 行にデバイスとファイル名の組を次の形式で持ちます:

             special_file    regular_file    [ feature ]

     ここでは各フィールドはスペースで分割されます。設定ファイル中のすべてのデ
     バイスの動作に関して、前述の動作オプションが有効です。


関連ファイル

     /etc/vntab  -a オプションで使われるデフォルトの設定ファイル


使用例

           vnconfig vn0c /tmp/diskimage

     vnode ディスクデバイス vn0c を構築します。

           vnconfig -e vn0c /var/swapfile swap

           disklabel -e vn0

     ファイルのファイルを用いた VN ディスクを構築し、ディスクラベルを使用して
     初期化しラベルを編集する例です。いったんラベルを作成すれば、 VN ディスク
     に対してパーティションを作成したり、作成したあるパーティションでファイル
     システムを作成することができます。ファイルを記憶領域として使用した場合、
     同じファイルを vnconfig で設定することでラベルを再編集したりファイルシス
     テムを再構築せず、またファイル中に保存されている VN の設定を使用してク
     ラッシュ後に VN ディスクを回復することができます。またファイルシステムを
     含んでいた VN パーティションに fsck を実行することも可能です。

           vnconfig -e -s labels,reserve -S 400m vn1
           disklabel -r -w vn1 auto
           newfs /dev/vn1c
           mount /dev/vn1c /usr/obj

     スワップを用いた VN ディスクの設定例です。この例では少なくとも 400 メガバ
     イト (もしくはそれ以上が望ましい)の空きがスワップにあると仮定しています。
     スワップ領域は最大のパフォーマンスを得るためにあらかじめ予約されます。そ
     の後ディスクに対してラベルを作成し、 newfs を実行し、/usr/obj にマウント
     します。スワップを用いた VN デバイスはクラッシュ後 (A) reserve フラグを指
     定している、 (B) 前回と同じスワップが確保されている、つまりvnconfig が
     rc.local で起動されている場合回復可能です。しかしながら一般的にスワップを
     用いた VN デバイスはリブート時に失われても構わないようなデータを保存する
     ために使用します。


関連項目

     mount(2), swapon(2), unmount(2), vn(4)

4th Berkeley Distribution        July 8, 1993        4th Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス