strfile(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

strfile

前のページ 上に戻る 次のページ

strfile


     unstr source_file


解説

     strfile は 1 つのパーセント記号 `%' を含む行で区切られる行グループを含む
     ファイルを読み込み、ヘッダ構造と各々の行グループのファイルオフセットを含
     むデータファイルを作成します。このファイルによって文字列のランダムアクセ
     スが可能となります。

     出力ファイルは、それがコマンド行において指定されていない場合、
     source_file.dat というファイル名になります。

     指定できるオプションとして、次のものがあります。

     -C       ファイルにコメントが含まれることを示すフラグです。本オプション
              は、ヘッダの str_flags フィールドの STR_COMMENTS ビットをセット
              させます。コメントは、行頭の 2 つの区切り文字で指示されますが、
              strfile はコメント行に対して特別な処理を行いません。

     -c char  区切り文字をパーセント記号から char に変更します。

     -i       文字列の並び換えを行なう際に、大文字・小文字を区別しません。

     -o       文字列をアルファベット順に並び換えます。オフセットテーブルは参照
              される行グループのアルファベット順にソートされます。文字列の頭の
              アルファベットと数字以外の文字は無視されます。このオプションを指
              定すると、ヘッダ中の str_flags フィールドの STR_ORDERED ビットが
              セットされます。

     -r       文字列へのアクセスをランダム化します。オフセットテーブル中のエン
              トリはランダムに並び換えられます。このオプションを指定すると、
              ヘッダ中の str_flags フィールドの STR_RANDOM ビットがセットされ
              ます。

     -s       なにも表示せずに実行します。終了時にサマリのメッセージを表示しま
              せん。

     -x       行グループ中の各アルファベット文字を単純シーザー暗号 (simple
              caesar cypher) における 13 ポジションだけローテートします。この
              オプションを指定すると、ヘッダ中の str_flags フィールドの
              STR_ROTATED ビットがセットされます。

     ヘッダのフォーマットは以下のとおりです。

     #define VERSION 1
     unsigned long   str_version;    /* バージョン番号 */
     unsigned long   str_numstr;     /* ファイル中の文字列の数 */
     unsigned long   str_longlen;    /* 最長文字列の長さ */
     unsigned long   str_shortlen;   /* 最短文字列の長さ */
     #define STR_RANDOM      0x1     /* ランダムフラグの位置 */
     #define STR_ORDERED     0x2     /* 並び換えフラグの位置 */
     #define STR_ROTATED     0x4     /* rot-13されたテキスト */
     unsigned long   str_flags;      /* フラグビットフィールド */
     strfile.dat  デフォルトの出力ファイル。


歴史

     strfile ユーティリティは 4.4BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 9, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス