sticky(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sticky

前のページ 上に戻る 次のページ

sticky


     別な取り扱いを示すために使われます。通常ファイルに対しては無視されます。
     ファイルのモードについての説明は、 chmod(2) や、 /usr/include/sys/stat.h
     ファイルを参照してください。


スティッキーディレクトリ

     `スティッキービット' が設定されたディレクトリは追加専用ディレクトリ、より
     正確にいえば、ファイルの削除が制限されたディレクトリになります。スティッ
     キーディレクトリのファイルの削除や名称変更が可能なのは、そのディレクトリ
     の書き込み権限を持つそのファイルの所有者か、そのディレクトリの所有者か、
     スーパユーザだけです。この機能は、 /tmp ディレクトリの様に、公共的に書き
     込み可能であるが、他人の任意のファイルを消去したり、名称変更したりさせた
     くない場合には有効です。

     どんなユーザもスティッキーディレクトリを作成することができます。ファイル
     モードの変更についての詳細は、 chmod(1) を参照してください。


バグ

     open(2) もしくは mkdir(2) のどちらも、スティッキービットが設定されたファ
     イルを作成できません。


歴史

     sticky コマンドは、 Version 32V AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 5, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス