spray(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

spray

前のページ 上に戻る 次のページ

spray




解説

     spray は複数の RPC パケットを host に送り、いくつのパケットが正しく受信さ
     れ、それにはどのくらいの時間がかかっているのかを記録します。

     以下のようなオプションがあります。

     -c count
             count 個のパケットを送ります。

     -d delay
             パケット送出間隔を delay マイクロ秒にします。

     -l length
             RPC 呼び出しメッセージを保持するパケットの長さを length バイトに
             設定します。 RPC データは XDR を用いて符号化されるため、全ての
             length 値が可能というわけではありません。 spray は、もっとも近い
             可能な値に切り上げます。

     spray は、ネットワークのテストや計測や管理のための利用を想定しています。
     このコマンドは、 ネットワークにとても負荷をかけますので、利用には注意して
     ください。


関連項目

     netstat(1), ifconfig(8), ping(8), rpc.sprayd(8)

FreeBSD 4.4                      July 10, 1995                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス