slstat(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

slstat

前のページ 上に戻る 次のページ

slstat




解説

     slstat はシリアル回線インターネットプロトコル (SLIP) のトラフィックに関連
     するカーネルの統計情報を表示します。

     オプションは、以下のとおりです:

     -i      interval 秒毎に表示を繰り返します。 interval が指定されない場合
             は、デフォルトの 5秒が使用されます。

     -v      統計情報の追加フィールドを表示します。

     -r      すべての値を、インターバルあたりの値ではなく、秒あたりの値で表示
             します。

     unit    SLIP インタフェースを指定する 1 桁の数字です。デフォルトは 0 で、
             インタフェース sl0 が指定されます。

     デフォルトでは slstat は以下の情報を表示します:

     in      受信バイト数

     out     送信バイト数

     pack    送受信したパケット数

     comp    送受信した圧縮されたパケット数

     uncomp  送受信した圧縮されていないパケット数

     unknwn  未知のタイプの入力パケット数

     toss    エラーにより返された入力パケット数

     other   その他の発信/返信 IP パケット数

     err     入出力エラー数

     search  コネクションステートのサーチ回数

     miss    コネクションステートを発見できなかった回数

     coll    clist での衝突の回数 ( 1 日に 1 回か 2 回以上の ) 多数の衝突があ
             る場合にはおそらく clist が不足しています。 param.c の nclist を
             増やしておく必要があります。


使用例

     コマンド:
           slstat -i 5
     は 5 秒毎にシステムが何をしているかを表示します。


関連項目



ABELNET VPSサービス