slattach(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

slattach

前のページ 上に戻る 次のページ

slattach


              [-r redial-command] [-s baudrate] [-u unit-command]
              [-K keepalive] [-O outfill] [-S unit] ttyname


解説

     slattach は、シリアルポートをネットワークインタフェースに割り当て自分と相
     手のアドレスを定義するために使用されます。

     使用可能なオプションは以下のとおりです:

     -a      VJ ヘッダ圧縮を自動許可します。リンクの相手が VJ ヘッダ圧縮可能な
             時これを使用し、そうでなければ標準ヘッダを使用します。

     -c      VJ ヘッダ圧縮を指定します。リンクの両端が VJ ヘッダ圧縮を使用でき
             なければならないことに注意してください。

     -e exit-command
             slattach が終了する前にシェルで `sh -c exit-command' のように呼び
             出されるコマンドを指定します。

     -f      slattach をバックグラウンドで動かすための daemon() の呼び出しを行
             いません。

     -h      cts/rts によるシリアルのフロー制御を有効にします。無指定時には、
             フロー制御はサポートされません。

     -l      slip ポートのモデム制御 (CLOCAL) を無効にしキャリア検出を無視しま
             す。無指定時には、キャリアが落ちた時に redial-command を呼び出し
             ますが、 redial-command が指定されていなければ slattach は終了し
             ます。

     -n      ICMP パケットを捨てます。 slip インタフェースは ICMP レスポンスに
             よるシリアルラインの遅延を防止するよう ICMP パケットを無視しま
             す。

     -r redial-command
             シリアルラインのキャリアが失われた時にシェルで `sh -c
             redial-command' のように呼び出されるコマンドを指定します。
             redial-command として空白を指定 (すなわち -r "") することで、専用
             線で外部コマンドを実行せずに再接続を試みます。

     -s baudrate
             接続速度を指定します。このオプションが指定されない場合には、 9600
             bps になります。

     -u unit-command
             シリアルラインが slip に切り替わった時、 `sh -c unit-command old
             new' が実行されます。 oldnew はそれぞれ slip の最後にオープン
             された時のユニット番号と現在のコネクションのユニット番号です。こ
             のユニット番号は 2 つ以上の slip ラインを使用すればリダイヤル後に
             変更することが出来ます。 slattach の接続が初めて確立されたとき、
             `sh -c unit-command new -1' が実行されます。 slattach の接続が切
             れたとき、 `sh -c unit-command old -1' が実行されます。 slattach
             時はタイムアウトは設定されません。

     -O outfill
             SLIP "out fill" タイムアウト時間を秒単位で設定します。これによ
             り、相手側の "keep alive" タイムアウトに必要な FRAME_END をこの時
             間内に送信します。省略時はタイムアウトは設定されません。

     -S unit
             SLIP ユニット番号を直接指定します。 2 つのインタフェースが同じユ
             ニット番号にならないかチェックをしないので、注意が必要です。省略
             時は動的にユニット番号を割り当てます。

     ttyname
             ttyデバイスの名前を指定します。 ttyname は `ttyXX' か
             `/dev/ttyXX' の形式で記述します。

     本コマンドを用いてシリアルポートをネットワークインタフェースに割り当てる
     ことが出来るのはスーパユーザに限られます。

     ネットワークインタフェースの割り当てを解除する場合は、 slattach プロセス
     を `kill -INT' を使って kill した後に ``ifconfig interface-name down'' を
     実行してください。 Interface-namenetstat(1) で見ることが出来ます。

     slattach をキャリアを失った時にリダイヤルするように設定するには、 -r
     redial-command オプションを使って slip サーバに再接続するスクリプトかコマ
     ンドを指定します。スクリプトはサーバにリダイヤルしログインするようなもの
     です。

     slipユニット番号が変わった時にネットワークインタフェースを再構成するに
     は、 -u unit-command オプションを使用して `sh -c unit-command old new' の
     ように呼び出す、スクリプトかコマンドを指定します。 oldnew は再接続前
     後の slip ユニット番号です。同時に 2 つ以上のラインが切断されているときユ
     ニット番号が変わる可能性があります。最初の再接続に成功した slip が一番小
     さいユニット番号を得られます。

     slattach を kill するには、 tty をクローズしてから終了するように `kill
     -INT' (SIGINT)を使用します。

     強制的にリダイヤルするには、 `kill -HUP' を使用し slattach がキャリアを
     失ったように思わせて `sh -c redial-command' でサーバに再接続させます。

     slattach をモデム経由でなく直結で使用する場合、 slip ラインのキャリアを無
     視するために -l オプション付きで実行します。


使用例

           slattach ttyd8
           slattach -s 4800 /dev/ttyd1
           slattach -c -s 38400 /dev/cuaa1
           slattach -r 'kermit -y dial.script >kermit.log 2>&1'


診断

     エラーメッセージは /var/log/messages にあります ( slattach はデーモンで


関連項目

     netstat(1), startslip(1), uustat(1,) netintro(4), ifconfig(8), rc(8),
     sliplogin(8)


歴史

     slattach は 4.3BSD ではじめて登場しました。

4.3 Berkeley Distribution        April 4, 1993       4.3 Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス