sicontrol(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sicontrol

前のページ 上に戻る 次のページ

sicontrol




解説

     sicontrol は SI/XIO デバイスドライバの設定やモニタリングをおこなうために
     使用します。

     sicontroldevice で指定されたポートを操作します。

     ドライバ全体の設定をおこなう際には、特別なデバイス名 `-' を device に指定
     します。

     必要であれば、デバイス名には '/dev/' が補完されます。

     以下のコマンドはドライバ全体の設定をおこなうので、デバイス名に '-' を指定
     する必要があります。

     int_throttle [value]
           「総合割り込みスロットル値」を設定します。ホストアダプタ割り込みの
           1 秒あたりの最大値は次のようにして求められます:

           controller CPU clock / (8 * int_throttle)

           ブート時のデフォルト値は 25000 で、ホストアダプタの CPU クロックは
           25MHz ですから、この場合の最大割り込みレートは約 125 回/秒になりま
           す。

           この値を下げると、ホストアダプタがオペレーティングシステムに処理を
           要求するための割り込みのレートを増加させることができます。

     rxint_throttle [value]
           受信割り込みスロットル値を設定します。ブート時のデフォルト値は 4
           で、割り込みレートは約 25 回/秒になります。

           この値を下げると、ホストアダプタがオペレーティングシステムに受信
           FIFO を空にするよう要求する割り込みのレートを増加させることができま
           す。

     nport
           そのデバイスドライバの制御下にあるシリアルポートの数を返します。

     以下のコマンドは個々のシリアルポートに対して実行されるため、 /dev 以下の
     デバイス名を指定する必要があります。

     mstate
           モデムが駆動する制御信号の、現在の状態を表示します。

     ccbstat
           指定されたシリアルポートの "ccb" 構造体の、現在の内容を表示します。
           これはドライバのデバッグや、シリアルポートが反応しない原因の調査以
           外には、あまり使い道がありません。

     ttystat
           指定されたシリアルポートに関するカーネル内部の "tty" 構造体の現在の

     stty(1), si(4), termios(4), tty(4), comcontrol(8)


歴史

     sicontrol は Andy Rutter <andy@acronym.co.uk> によって書かれた siconfig
     ユーティリティを基にしている部分が多少あります。

     Specialix International 社は、このデバイスドライバに関して、いかなる形の
     サポートもおこないません。


作者

     Peter Wemm <peter@FreeBSD.org>


バグ

     たくさんあるでしょう... :-)

FreeBSD 4.4                   September 26, 1995                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス