shutdown(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

shutdown

前のページ 上に戻る 次のページ

shutdown




解説

     shutdown は、自動的にシャットダウンするための手順をスーパユーザに提供しま
     す。システムがシャットダウンされるときユーザに知らせるので、こういったお
     知せを面倒がって行なわないシステム管理者やハッカーやグルといった人々か
     ら、ユーザを救います。

     以下のオプションを使用可能です:

     -h      time で指定された時間にシステムを停止します。

     -p      time で指定された時間にシステムを停止し、電源をオフします (ハード
             ウェアサポートが必要です) 。

     -r      time で指定された時間にシステムを再起動します。

     -k      全ユーザを追い出します。実際にはシステムを停止しませんが、マルチ
             ユーザシステムのままでスーパユーザ以外のユーザをログインできなく
             します。

     -o      -h, -p, -r のいずれかひとつが指定された場合、 shutdowninit(8)
             へシグナルを送る代りに、 halt(8) または reboot(8) を実行します。

     -n      -o オプションが指定されると、ファイルシステムキャッシュのフラッ
             シュを防ぐために、 -n オプションを halt(8) または reboot(8) に渡
             します。本オプションはおそらく使用すべきではありません。

     time    shutdown がシステムを停止させる時間を指定します。 now を指定する
             と即時にシステムを停止します。また、時間を指定する次の 2 つの書式
             があります: +number もしくは yymmddhhmm の形式です。現在のシステ
             ムの年・月・日の値がデフォルトになっています。 1 つめの書式は
             number 分経過後をあらわし、2 つめの書式は停止する時刻を直接指定し
             ます。

     warning-message
             その他の引数は現在ログイン中のユーザに送る警告メッセージとして扱
             われます。

     -       もし `-' がオプションとして与えられると、警告メッセージを標準入力
             から読み取ります。

     システム停止の 10 時間前から、ログイン中の全てのユーザの端末に警告メッセ
     ージが表示されはじめ、終末が近付くにつれ頻繁になってきます。システム停止
     の 5 分前、もしくは 5 分以内にシステム停止する場合には、ただちに警告メッ
     セージをコピーした /var/run/nologin が作られログインが禁止されます。ユー
     ザがログインしようとした際にこのファイルが存在する場合には、 login(1) は
     その内容を表示し終了します。このファイルは shutdown が終了する際に削除さ
     れます。

     システム停止時には、システムを停止した時間、実行者、理由がシステムログに
     記録されます。その後、対応するシグナルが init(8) に送られ、システムを停
     止、再起動、シングルユーザ状態のいずれかにします (この動作は上記のオプ


歴史

     shutdown コマンドは 4.0BSD から登場しました。

4th Berkeley Distribution      December 11, 1998     4th Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス