scspd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

scspd

前のページ 上に戻る 次のページ

scspd




解説

     scspd は、 Host ATM Research Platform (HARP) ネットワーキングソフトウェア
     用の、サーバキャッシュ同期プロトコル (Server Cache Synchronization Proto-
     col; SCSP) の実装のひとつです。 scspd は、あるホスト上の (1 つ以上の) サ
     ーバの (1 つ以上の) キャッシュと、リモートホスト上のサーバのキャッシュを
     同期させます。 SCSP は多くの異なったプロトコルに対して定義されますが、現
     在のバージョンの scspd は ATMARP のみサポートします。

     scspdatmarpd(8) を使用すると、単一の ATM LIS に対して複数の ATMARP サ
     ーバを提供することが可能となります。例えば、長距離リンクで接続される複数
     のローカルエリア ATM ネットワークにより、 LIS が構成される場合に有用で
     しょう。各ローカルエリアネットワークは各自の ATMARP サーバを持つことがで
     き、すべてのサーバのキャッシュは SCSP により同期されます。このような場
     合、もし長距離リンクが切断されても、ローカルエリアネットワーク上のホスト
     は他のローカルホストとの接続性を保ちます (全ローカルホストはローカルの
     ATMARP サーバを使用するからです)。長距離リンクが回復すると、SCSP はサーバ
     のキャッシュを再同期し、リモートホストとの接続性を回復します。 ATMARP
     キャッシュが同期される前に、 scspdatmarpd(8) の両方が走行している必要
     があります。

     scspd は、 RFC 2334, Server Cache Synchronization Protocol (SCSP) および
     draft-ietf-ion-scspd-atmarpd-00.txt, A Distributed ATMARP Service using
     SCSP に示されるように SCSP を実装しています。

     scspd が実行を開始すると、自己に与えられたコマンドラインを解析し、バック
     グラウンドに移行します。


用語

     SCSP に関する用語には混乱しやすいものがあります。この文書では、次の定義を
     使用します:

     クライアントサーバもしくは ローカルサーバは、 scspd と同じホストで実行さ
     れているサーバを意味します。このサーバのキャッシュは、複数のリモートサー
     バと同期されます。 サーバという言葉が単独で使用される場合、 クライアント
     サーバを意味します。

     リモートサーバは、 scspd が実行されているホストとは別のホスト上で実行され
     ているサーバを意味します。

     直接接続されたサーバ (Directly Connected Server; DCS) は、 scspd が直接通
     信を行うリモートサーバを意味します。リモートサーバもまた SCSP の実装のひ
     とつを実行しているでしょう。

     キャッシュアラインメント (Cache Alignment; CA) には、 2 つの意味がありま
     す。キャッシュアラインメントプロトコルは SCSP プロトコル仕様の一部であ
     り、キャッシュアラインメント有限状態機械 (FSM) はキャッシュアラインメント
     プロトコルを実装する有限状態機械です。


オプション

     コマンドラインオプションは次の通りです:

                    i     scspd のクライアントインタフェース FSM をトレースし
                          ます。
                    C     CA, CSUS, CSU リクエストと CSU リプライのメッセージ
                          をトレースします。
                    H     Hello メッセージをトレースします。
                    I     scspd のクライアントと相互にやりとりするインタフェー
                          スメッセージをトレースします。


設定

     設定ファイルは、一連の設定文から成ります。これらの文は、 scspd がキャッ
     シュの同期を行う対象となる、ローカルおよびリモートの両方のサーバに関する
     情報を指定します。 scspd の設定方法については、 RFC 2334, Server Cache
     Synchronization Protocol (SCSP) および
     draft-ietf-ion-scspd-atmarpd-00.txt, A Distributed ATMARP Service using
     SCSP が役立つでしょう。

     コメント以外の設定文はセミコロンで終端します。文によってはブロックを持
     ち、ブレース (``{'' と ``}'') で区切ります。設定文のキーワードは大文字小
     文字の区別はありませんが、パラメータには区別のあるものがあります (例えば
     インタフェース名)。設定文は複数行に渡ることが可能です。

   B>コB>メB>ンB>ト
     3 種類のコメントを使用可能です:

     # comments: ``#'' から行末までのすべての文字は無視されます。

     C B>コB>メB>ンB>ト: ``/*'' と ``*/'' の間のすべての文字は無視されます。

     C++ B>コB>メB>ンB>ト: ``//'' から行末までのすべての文字は無視されます。

   B>文
     scspd が理解する設定文を示します:

             Protocol <protocol ID>;
             Netif <if_name>;
             ServerGroupID <ID>;
             FamilyID <ID>;
             DCS {
                     ATMaddr <ATM address>;
                     ID <host>;
                     CAReXmitInt <int>;
                     CSUSReXmitInt <int>;
                     CSUReXmitInt <int>;
                     CSUReXmitMax <cnt>;
                     HelloDead <cnt>;
                     HelloInt <int>;
                     Hops <cnt>;
             };
     };

     Log {
             File <file name>;

   Server B>文
     server 文はクライアントサーバを指定します。このクライアントサーバのキャッ
     シュは、リモートホスト上で実行されている他のサーバのキャッシュと同期され
     ます。 scspd によってキャッシュが同期される各クライアントサーバごとに、 1
     つの server 文を設定ファイルに書きます。 server 文の書式は次の通りです:

           Server <name> { <statements> };
     nameserver 文で指定する必要がありますが、 scspd はこれを使用しませ
     ん。サーバの用途に関する短い記述を与えるものと期待されています。

     server 文は、いくつかの副文を持ち、 scspd の設定の詳細を指定します。副文
     を示します:

     Protocol ATMARP;
             現在のバージョンの scspd がサポートする唯一のプロトコルは ATMARP
             です。 protocol 文は常に指定する必要があります。

     Netif <intf>;
             netif 文は、クライアントサーバがサービスを提供している ATM ネット
             ワークインタフェース名を指定します。 netif 文は常に指定する必要が
             あります。

     ServerGroupID <ID>;
             ServerGroupID 文は、 scspd が同期を行うサーバ群に対する識別子を指
             定します。 ID は 10 進数として指定され、範囲は 0 - 65,535 です。
             SCSP セッションにより同期されるキャッシュを持つ全サーバにおいて、
             サーバグループ ID は同一である必要があります。つまり、ホストのサ
             ーバグループ ID は、 server 文内で指し示されるすべての直接接続さ
             れたサーバ (DCS) において同一である必要があるということです。
             ServerGroupID 文は常に指定する必要があります。

     FamilyID <ID>;
             familyID 文は、ホスト群間で実行される並列 SCSP セッションのファミ
             リに対する識別子を指定します (ファミリとはすなわち、異なったプロ
             トコル ID ではあっても同一のサーバ集合である、 SCSP セッションの
             集合です)。 ID は 10 進数として指定され、範囲は 0 - 65,535 です。
             ファミリ ID は現在 scspd は使用しません。

   DCS B>文
     DCS 文は server 文の副文であり、直接接続されたサーバ (DCS) の特性を指定し
     ます。 server 文は、 scspd が情報交換する DCS ごとに 1 つの BDCS 文を持ち
     ます。 DCS 文は多くの副文を持ち、 DCS の設定に関する詳細を指定します。そ
     れらを次に示します:

     ATMaddr <ATM address>;
             ATMaddr 文は DCS の ATM アドレスを指定します。 ATMaddr 文は常に指
             定する必要があります。

     ID <host>;
             ID 文は DCS の SCSP 識別子を指定します。 ATMARP における ID は、
             DCS の ATM インタフェースに関連付けられた IP アドレスまたは DNS
             CSUReXmitInt に関して混乱しないようにしてください。

     CSUReXmitInt <int>;
             CSUReXmitInt 文は、 CSU リクエストメッセージの再送間隔時間を指定
             します。 CSU リクエストメッセージが送信されたとき、 CSUReXmitInt
             秒以内に CSU リプライメッセージによって確認応答が返されない CSA
             は再送されます。 CSUReXmitInt のデフォルト値は 2 秒です。
             CSUReXmitIntCSUSReXmitInt に関して混乱しないようにしてくださ
             い。

     CSUReXmitMax <cnt>;
             CSUReXmitMax 文は、前述のように CSA が再送される回数を指定しま
             す。この回数を越えると、SCSP は CSA を諦めて捨ててしまいます。
             CSUReXmitMax のデフォルト値は 5 です。

     HelloDead <cnt>;
             HelloDead 文は、 Hello メッセージに入れられて DCS に送られ
             る、Hello Dead Factor を指定します。 HelloDead * HelloInt 秒間
             DCS からなにも受信しない場合、 ``DCS down'' 状態が検出されます。
             HelloDead のデフォルト値は 3 です。

     HelloInt <int>;
             HelloInt 文は、 Hello メッセージに入れられて DCS に送られ
             る、Hello Interval を指定します。 HelloInt のデフォルト値は 3 秒
             です。

     Hops <cnt>;
             Hops 文は (DCS から DCS への) ホップ数を指定し、ローカルサーバを
             起点とする CSA の中に指定されます。この値は最小でもサーバグループ
             の直径である必要があります。すなわち、サーバ群中の全サーバに CSA
             が伝播するのに十分な大きさが必要ということです。 Hops のデフォル
             ト値は 3 です。

   Log B>文
     log 文は、 scspd の操作情報をどのようにログするかを指定します。 scspd
     は、ログ情報をファイルに書き込むことができますし、システムのログに書き込
     むこともできますし、両方とも行うことも可能です。

     File <file name>;
             file 文は、 scspd がログメッセージを指定された名前のファイルに書
             き込むことを指定します。ファイルが既に存在する場合、ログメッセー
             ジはファイルの最後に追加されます。

     Syslog;
             syslog 文は、 scspd がログメッセージを syslog ファシリティに書き
             込むことを指定します。 scspd は、ファシリティコード LOG_DAEMON を
             使用して、メッセージを syslog に書き込みます。
     log 文を指定しないと、 scspd はログメッセージをシステムのログに書き込みま
     す。 filesyslog の両方が指定されると、指定された名前のファイルとシス
     テムのログの両方に、 scspd はログメッセージを書き込みます。

   B>使B>用B>例
     ーバのキャッシュと、 IP アドレス 10.1.1.2 のホスト上で実行されている 2 番
     目のサーバのキャッシュとの同期をとります。ログメッセージはシステムのログ
     に書き込まれます。


シグナル処理

     次のシグナルを使用して scspd を制御できます:

     SIGHUP  設定ファイルを再度読み込み、 scspd を再スタートします。

     SIGINT  デバッグ情報をファイルにダンプします。 SIGINT を受信すると、
             scspd は制御ブロックのサマリをテキストファイルにダンプします ( 関
             連ファイル参照)。


関連ファイル

     /etc/scspd.conf
             scspd のデフォルトの設定ファイルの名前です。別の名前は、コマンド
             ラインで -f オプションで指定可能です。

     /tmp/scspd.<pid>.<seq>.out
             デバッグ情報をダンプするファイルの名前です。 scspd が SIGINT シグ
             ナルを受信すると、制御ブロックのサマリをこのファイルに書き込みま
             す。 <pid> はデーモンのプロセス ID であり、 <seq> はダンプがとら
             れるごとに増えるシーケンス番号です。

     /tmp/scspd.<pid>.trace
             トレースファイルです。 -T オプションがコマンドラインで指定される
             と、 scspd はトレース情報をこのファイルに書き込みます。


関連ファイル

     atm(8), atmarpd(8) Server Cache Synchronization Protocol (SCSP), RFC
     2334.  A Distributed ATMARP Service Using SCSP,
     draft-ietf-ion-scsp-atmarpd-00.txt.


バグ

     scspd が終了して再スタートすると、以前に同期されたキャッシュエントリがタ
     イムアウトしてリフレッシュされるまでの期間、不安定になります。

     バグは <harp-bugs@magic.net> に報告してください。


COPYRIGHT

     Copyright (c) 1994-1998, Network Computing Services, Inc.


作者

     John Cavanaugh, Network Computing Services, Inc.
     Mike Spengler, Network Computing Services, Inc.
     Joe Thomas, Network Computing Services, Inc.


謝辞

     本ソフトウェアは、 Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA) の協
     力により開発されました。


日本語訳



ABELNET VPSサービス