savecore(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

savecore

前のページ 上に戻る 次のページ

savecore


     savecore [-fkvz] [-N system] directory


解説

     savecore は現在動作中のカーネルおよびそのコアダンプをディレクトリ
     directory 内にコピーし、リブートメッセージとコアダンプ情報をシステムログ
     に書き出します。

     オプションは以下の通りです:

     -c      ダンプをクリアし、これ以降起動される savecore でそれが用いられな
             いようにします。

     -f      ダンプが正しくないと思われる場合や、ディスク容量が不足している場
             合でも、強制的にダンプをとります。

     -k      ダンプを保存した後、クリアしません。

     -N      ( getbootfile(3) で決定される) 動作中のカーネルの代わりに、
             system をカーネルとして用います。

     -v      より詳しいデバッグ情報を出力します。

     -z      コアダンプとカーネルを圧縮します( compress(1) 参照)。

     savecore は様々な方法を用いてコアダンプが最新であること、およびそのコアダ
     ンプが現在動作しているシステムに対応するものであることを確認します。この
     チェックにパスすると、 savecore はコアイメージを directory/vmcore.# に保
     存し、システムを directory/kernel.# に保存します。 ``#'' はファイル
     directory/bounds 先頭からの行数で、 savecore が正常に実行されるたびにイン
     クリメントされてファイルに書き戻されます。

     savecore はまた、コピーを作る前にディスク容量が足りているかどうかチェック
     します。 directory を含むファイルシステムのディスク容量が不足している場
     合、あるいは、 directory/minfree が存在し、ファイル生成後のそのファイルシ
     ステムの (非スーパユーザに対する)残りキロバイト数がこのファイル先頭行の数
     値より小さい場合、コピー作成は試みられません。

     savecore がカーネルとコアダンプのコピーに成功すると、コアダンプはクリアさ
     れ、その後の savecore では用いられないようになります。

     savecore は初期化ファイル /etc/rc の最終段階付近で呼び出されることを想定
     しています( rc(8) 参照)。


バグ

     minfree コードは圧縮の効果を考慮していません。


関連項目

     compress(1), getbootfile(3), syslogd(8)


歴史

     savecore コマンドは 4.1BSD で登場しました。


ABELNET VPSサービス